JR武蔵小杉も停車、伊豆方面への特急「踊り子」が3/13(土)に全面刷新

横浜日吉新聞

JR武蔵小杉駅やJR横浜駅を経由する熱海・伊豆方面への特急列車「踊り子」号車両などの全面変更や、横須賀線で新型車両の増強など、JR東日本が来月(2021年)3月13日(土)にダイヤ改正を行います。

国鉄時代からの古い車両を使っている特急「踊り子」号(JR武蔵小杉駅)

伊豆方面への特急「踊り子」号は、当時は国鉄だった約40年前の1981(昭和56)年3月から「185系」と呼ばれる古い車両で運転していますが、今回のダイヤ改正で新たな車両に一新。

これにともない、1列車につき2両から4両を設けていた「自由席」をすべて廃止し、全車両を指定席として運行する形に変更。事前に特急券を購入せずに乗車し、車内で購入した場合は、事前購入時より260円高い料金を適用するとのことです。

JR武蔵小杉駅から伊豆方面への踊り子号は、臨時列車を除いて「5号(伊豆急下田行)」が毎日停車していますが、出発時刻の9時45分はダイヤ改正後も変わりません。

3月13日(土)以降の「踊り子」号は車両が変わり、全車指定席となる(JR東日本の案内ページより)

新たに導入される車両は、中央線の特急列車などで使われている同型の車両を改造したもので、すでに一部の踊り子号では“リニューアル車両”との位置付けで先行使用されています。

このほか今回のダイヤ改正では、横須賀線の車両について、新型の「E235系」を順次投入していく計画とのことです。

【関連記事】

新横浜でもお馴染みだった「踊り子」型車両、2021年春に引退へ“さよなら企画”(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年11月30日)

JR武蔵小杉駅などを通る「横須賀線」に新型車、普通車はロングシートに(2020年11月24日、新型車はすでに一部導入されている)

【参考リンク】

2021年3月ダイヤ改正について(JR東日本)

東海道線特急「湘南」「踊り子」のご案内(JR東日本、2021年3月13日~)

特設サイト「MEMORIAL(メモリアル)185(いっぱーご)」(JR横浜支社、今回引退する車両について)


カテゴリ別記事一覧