ヨーカドー綱島店1階に“物販カフェ”、こだわりの飲食物と物品販売

横浜日吉新聞

イトーヨーカドー綱島店の1階正面出入口近くに「eeets hall(イーツホール)」と名付けられた“物販カフェ”がきょう(2019年)8月9日(金)にオープンします。こだわり品の物販も含め、通常のカフェ業態にとどまらないコンセプトを掲げているのが特徴です。

1階の正面出入口近くで開店準備が進む「イーツホール(eeets hall)」(8月7日)

見慣れない英語を使ったeeets hall(イーツホール)という店名は造語

セブン&アイ・ホールディングスによると、めずらしい商品を「発掘(Excavation)」し、「体験(Experience)」を通じて、生産者などの思いを「共感 (Empathy)」してほしい――という同店のコンセプトを示す英語の頭文字「3つのE」に、「Eat(食べる)」を加えたものだといいます。

店舗の完成イメージ(セブン&アイ・ホールディングス提供)

約80平方メートルの店内には26席を設け、手作りのパンやケーキのほか、パスタやドライカレーなど12種のフード類、ドリンクは「エイジング(熟成)コーヒー」など、アルコールも含め30種を提供。無料WiFiサービス「セブンスポット(7SPOT)」や、一部座席には電源コンセント・USB充電ポートも備えます。

物販コーナーでは、カフェでの飲食物を一部販売するほか、約300種の商品を揃える予定で、バイヤー(仕入れ担当者)が「本当に美味しいと感じたものやここにしか無いものを、生産者の声とともにお届けする」(同)とのことです。

【2019年8月11日追記】

ドリンクは「eeets hall特製 綱島ブレンド」(390円・価格は全て税別、写真右上)と名付けられたコーヒーなどのほか、アルコール類は数種類のクラフトビール(590円)や「深川ワイナリーグラスワイン」(590円)なども。写真は「eeets hall特製ドライキーマカレー」(単品890円、サラダ付き940円)。15時までのランチ時間帯はドリンクも付く

カナダ産デュラム小麦を使ったというパスタはミートソースやカルボナーラ(写真=プレート)、トマトソースの3種類(単品890円~920円、サラダとパンが付くプレートは990円~1020円)で15時までのランチ時間帯はドリンクも付く。その他、自家製パン(3種)やケーキ類(390円~430円)は持ち帰りも可能

【関連記事】

イトーヨーカドー綱島、1階出入口近くの「カルディコーヒー」が来年1/14(日)に閉店(2017年12月20日、イーツホールの場所は、テナント撤退後にフリースペースなどとして使われていた)

【参考リンク】

イトーヨーカドー綱島店の公式ページ


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧