酒類専門店「イオンリカー」が綱島から撤退、店舗の大型化方針で小型店を閉鎖へ

横浜日吉新聞

神奈川県内では日吉と綱島にのみ店舗を構えている酒類専門販売店の「イオンリカー」綱島店(綱島西2=ニックハイム綱島第2タウンアイ1階)を閉じると発表しました。同グループでは、店舗を大型化していく方針を決めており、来月(2019年4月)20日(土)綱島店など首都圏3店を閉店し、翌日には都内の3店を閉じる予定です。

同じグループの「まいばすけっと」や「オリジン弁当」などと同じビルの1階に2011年12月に出店した「イオンリカー綱島店」

イオンリテール(千葉市美浜区)の子会社であるイオンリカー株式会社(同)は、イオングループの酒類専門店として、2010年12月から首都圏で総合スーパー「イオン」がないエリアを中心に店舗を展開。

イトーヨーカドー綱島店の至近にある綱島店2011年12月に、駅前中央通りの日吉店(日吉本町1)は2012年3月にそれぞれ出店。30坪~40坪のコンビニより一回り小さい程度の店を構え、酒類の配達を行ったり、店舗購入ワインの持ち込み可能な近隣飲食店を開拓したり、専門店ならではの独自の取り組みを行っています。

一方、小規模な店舗であることから「これまで(品揃えなどで)試行錯誤してきたが、多くの品種を扱うべき専門店としては広さが不十分だった」(親会社のイオンリテール)といい、今後は50坪以上の広さを確保したうえで、主に山手線内で店舗展開していきたい考えです。

日吉駅前中央通りにある「イオンリカー日吉店」は大きくはない店だけに今後の動向が気がかり

イオンリカーは、今回の綱島店など6店舗の閉店を行う前段階として、昨年(2018年)7月にも8店を同時に閉めています。現時点で日吉店は営業を継続する予定ですが、「今後は様子を見ながら(大型店の)新規出店と(小型店の)閉店を検討していく」(同)といいます。

なお、同じイオングループで酒類も扱うミニスーパーの「まいばすけっと」が港北区内など首都圏で大量に出店していますが、イオンリカーとはターゲットが異なるため「(今回の決定には)まったく影響がない」(同)とのことです。

【関連記事】

元旦も通常営業、日吉と綱島の酒類専門店「イオンリカー」はありがたい存在(2015年12月27日)

大綱橋「まいばす」正面に2店目の「まいばす」、なぜここまで出店するのか?(2019年1月8日、まいばすけっと綱島西2丁目店と同じビルに「イオンリカー綱島店」が出店した)

【参考リンク】

イオンリカー綱島店(2019年4月20日閉店)

イオンリカー日吉店


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧