日吉東急が“アベニュー化”10周年、3/8(木)から「いちご」「ワイン」など記念企画

横浜日吉新聞

日吉東急avenue(アベニュー)では、オープン時の「東急百貨店日吉店」からショッピングセンター業態の「日吉東急アベニュー」に名を変えてから今月(2018年3月)で10周年を迎えるにあたり、きょう8日(木)から「スペシャル4ウイーク」と題し、4週にわたってさまざまな催しが行われます。

3月8日(木)から14日(水)まで行われる「ストロベリーフェスタ~いちごマルシェ」を案内するチラシ(日吉東急アベニューの公式サイトより)※クリックで拡大

1995年11月に東急百貨店日吉店としてオープンした同店は、2008年3月27日に“地域密着専門店”を集めた日吉東急アベニューに店名を変更。この年は3月に横浜市営地下鉄グリーンラインが開通し、続く6月には武蔵小杉止まりだった東急目黒線が日吉へ延伸するなど、日吉駅が大きく変化した年に同店も形を変えています

アベニューの10周年企画では、きょう8日(木)から来週14日(水)まで「ストロベリーフェスタ~いちごマルシェ」を開催。7日間にわたって1階食品売場の各店でスイーツをはじめとした「いちご」に関する各種商品を揃えるほか、同店内にある4つの飲食店ではいちごを使ったカフェメニューも登場。期間中は「いちごスタンプラリー」も行われます。

13日(火)と14日(水)の2日間は1階正面玄関前で茨城県のいちご農家「つくばねファーム」など、同店に初めて出店する店が「朝摘みフレッシュいちご」(1パック540円から)ほかを限定販売する予定です。

NHKのドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられた「アピシウス」のシェフソムリエ・情野(せいの)博之さんを招いたプレミアムワインセミナーは3月18日(日)に行われる(日吉東急アベニューの案内ページより)

10周年企画では、18日(日)の17時から18時まで、日比谷の地下にある老舗高級フレンチレストランとして知られる「アピシウス」から、シェフソムリエの情野(せいの)博之さんを南館3階のレストラン「ラバロックグリル テルメ(TERME)」へ招き、プレミアムワインセミナーを実施。参加費は軽食・ワイン代を含め1人2500円で先着50人限定、参加申し込みは1階の「和洋酒売場」で受け付けています。

なお、情野さんのワインに対する知識や接客は、昨年9月にNHKのドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」で「超一流のサービス」として取り上げられました。

このほか同店によると、「ゆるキャラ」を登場させるなどの企画も検討されているといい、詳細は同店公式サイトや折り込みチラシなどで順次発表される予定です。

【関連記事】

日吉東急がオープン20周年、記念セールや独自商品、懐かしの写真展も(2015年10月30日、店舗自体は2020年11月に四半世紀を迎える)

【参考リンク】

3月8日(木)~14日(水)【ストロベリーフェスタ】いちごマルシェの案内(日吉東急アベニュー)

3月13日(火)・14日(水)「いちごマルシエ~2日間限定 特別出店」(日吉東急アベニュー)

3月8日(木)~14日(水)「いちごスタンプラリー」開催(日吉東急アベニュー)

3月18日(日)17時「プレミアムワインセミナー」の案内(日吉東急アベニュー)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)

カテゴリ別記事一覧