幸区の日吉合同庁舎、2階フロアに「夢見ヶ崎動物公園」の魅力伝える展示新設へ

横浜日吉新聞

幸区南加瀬1丁目の「幸市民館日吉分館」(日吉合同庁舎)の2階フロアで近隣にある夢見ヶ崎動物公園の魅力を伝える展示コーナーを設けることを川崎市が発表しました。現在は企画を考案する事業者の選定を行っている段階で来年春にも展示物が公開されそうです。

南加瀬1丁目にある「日吉合同庁舎」

川崎市が公開した「地域の魅力発信事業実施業務委託」の仕様書などによると、夢見ヶ崎動物公園の案内パネルをはじめ、動物に関する標本や写真などが展示される可能性があります。

同館の2階では乳幼児健診などを行ってきた「日吉健康ステーション」を2016年3月に廃止後、「日吉おやこであそぼうランド」などの子育てイベントが積極的に行われていることから「子育て世代等が楽しめ、夢見ヶ崎動物公園へ行ってみたくなるような愛着の持てる演出と展示を提案」(市の仕様書)することを事業者に求めています。

夢見ヶ崎動物公園では、今年7月から個人や企業などが支援する「夢見ヶ崎動物公園サポーター」を募集するなど、市民が支える動物公園として新たな方向に向かって進んでいます。

【関連記事】

<夢見ヶ崎動物公園>8/17(木)昼から初の夏イベント、餌やり体験や飲食ブース(2017年8月15日、サポーター募集のキックオフイベント)

幸区「日吉合同庁舎」が子育て支援講座やイベントを強化、第1回は6/2(木)午前に(2016年5月17日、2階にあった「日吉健康ステーション」を廃止し、子育て支援機能を強化)

【参考リンク】

日吉合同庁舎の案内(川崎市)

幸市民館・図書館日吉分館の案内(川崎市)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧