<綱島SST>緩やかな曲線描く壁面が見えてきたアップル研究所、12月稼働へ工事急ピッチ

横浜日吉新聞
p160506p002

建設が進む米アップルの「綱島TDC(テクニカル・デベロップメント・センター)」(2016年5月5日)

綱島東4丁目のパナソニック工場跡地「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(綱島SST)で、今年(2016年)12月の稼働を目指して建設が進む米アップルの研究施設「綱島TDC(テクニカル・デベロップメント・センター)」の輪郭がはっきり見えてきました

アップルにとって日本で初めての研究所となる綱島TDCは、249億3400万円を投じて整備。アップル製品に使用する各種部品の研究開発を行う拠点になるとみられますが、公式には明らかになっていません。

5月5日現在、緩やかな曲線を描くガラスの壁面も一部で完成しており、ゴールデンウィーク中もガラス窓ユニットを設置する作業が行われていました。12月の稼働を考えると、秋ごろまでには建物が完成しそうです。

【関連記事】

綱島SSTに建設中、米アップルの研究所「綱島TDC」は今年12月に操業開始(2016年3月27日)

世界のまちづくりにも影響、超先進的な開発となる「綱島SST」の全貌とは(2016年3月29日)

【参考リンク】

Tsunashima SST(綱島SST)公式ホームページ


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧