綱島SSTに建設中、米アップルの研究所「綱島TDC」は今年12月に操業開始

横浜日吉新聞
現在建設中の「綱島テクニカル・デベロップメント・センター」(TDC)(2016年3月撮影)

綱島SST内に現在建設中の「綱島テクニカル・デベロップメント・センター」(TDC)(2016年3月3日撮影)

綱島東4丁目のパナソニック工場跡地「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(綱島SST)で建設工事が進む米アップルの研究施設「綱島TDC(テクニカル・デベロップメント・センター)」は、今年(2016年)12月に操業開始を予定していることがわかりました。神奈川県が同社に対し税制優遇を行うことを発表した資料で明らかになったものです。

これによると、米アップルがこの綱島TDCに投資する額は249億3400万円だとしています。

なお、綱島SSTについては3月28日(月)午後に、パナソニックや野村不動産、横浜市などが今後のまちづくりの方向性などを発表する予定となっています。

【関連記事】

<綱島SST>1年後の完成へ輪郭が見え始めたアップル施設、鉄骨は4階程度に(2016年2月20日)

<綱島SST>横浜市長やパナソニック、野村不動産の社長が3/28に方向性を共同発表へ(2016年3月17日)

【参考リンク】

インベスト神奈川2ndステップ第32回認定(神奈川県、2016年3月25日発表)

神奈川県産業集積支援事業 認定企業及び事業計画の内容PDFファイル、2016年3月25日発表)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧