グリーンラインなどの“契約駅員”を5名程度募集、応募は9/16(金)まで

横浜日吉新聞

市営地下鉄グリーンラインの日吉本町駅や高田駅、ブルーラインの新羽(にっぱ)駅や岸根公園駅など多くの駅業務を受託している横浜市外郭団体の一般財団法人横浜市交通局協力会(中区長者町)は、今年(2016年)11月から勤務予定の駅務スタッフを5名程度採用すると発表しました。

横浜市の外郭団体で多くの駅業務を受託している一般財団法人横浜市交通局協力会のホームページ

横浜市の外郭団体で多くの駅業務を受託している一般財団法人横浜市交通局協力会のホームページ

業務内容は乗車券の取り扱いや乗客案内、清掃、物品販売などで、勤務は隔日24時間勤務(8時30分~翌8時30分=途中、仮眠約4時間・休憩4回計180分あり)が主で、休日は4週間に8日で指定した日となっています。

給与は月額19万円以上(超過勤務手当など各種手当含む)で、このほか賞与(本人の勤務成績及び財団の経営状況による)の支給があり、賞与額は勤務成績が平均的な場合でおおむね年間50万円程度とのことです。

2016年11月から勤務予定の駅務スタッフ募集要項(同協力会のホームページより)

2016年11月から勤務予定の駅務スタッフ募集要項(同協力会のホームページより)

契約期間は2017年3月末日までですが、勤務成績に特段の問題が無い場合かつ事業が継続する場合は、以後も契約の更新を行うとしています。勤務成績が優秀な場合は、業務主任任命試験制度、正規職員登用試験制度も設けられているといいます。

勤務する駅は、ブルーラインのあざみ野から三ツ沢下町(センター北と北新横浜、新横浜を除く)の各駅、またはグリーンラインの日吉本町から中山(センター北を除く)の各駅となります。

受験資格は「18才以上で、長期勤務が可能な方」となっており、応募は写真添付の市販履歴書に必要事項を記入のうえ、郵送で今週(9月)16日(金)16時到着分(もしくは持参)まで受け受け。17日(土)に一般知識と作文の1次試験が行われ、通過者は10月3日(月)・4日(火)の両日に面接と健康診断の2次試験が実施されます。合格者は10月中旬に発表するとのことです。

【関連記事】

外部業者が駅運営を担当する日吉本町や高田駅、市交通局が28駅の委託業者を募集(2016年7月25日)

日吉・綱島・高田の求人情報ページ

【参考リンク】

一般財団法人横浜市交通局協力会ホームページ

「横浜市営地下鉄駅務スタッフ」契約職員採用選考受験案内PDF、2016年9月)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)