<バスケット1部リーグ>慶應大が日吉でのラスト試合、18日(日)17時40分から法政と

横浜日吉新聞
10月17日に日吉記念館で行われた慶應と白鴎大の試合

10月17日に日吉記念館で行われた慶應と白鴎大の試合

バスケットボールの関東大学リーグ戦で唯一となる日吉での2連戦が今週末(2015年10月17日・18日)に行われています。首都圏の約110大学のなかでトップとなる1部リーグ(10チーム)で奮闘する慶應義塾大学バスケットボール部(男子)は、きょう10月18日(日)も17時40分から今リーグでは最後となる日吉での公式戦を行います

関東の113大学によるバスケットボールのリーグ戦は9月5日に開幕し、1部から5部までの各リーグに分かれ、11月まで各地で熱戦を繰り広げています。
昨年は1部リーグで9勝9敗で6位に終わった慶應大ですが、今年は10月17日現在で4勝8敗の7位と負けが先行する苦しい戦いです。

17日(土)に日吉キャンパス内の日吉記念館(体育館)で行われた6位の白鴎(はくおう)大学戦は、慶応は第4Q(クォーター)に見事な逆転劇を演じたものの、試合終了まであと数十秒というところで、まさかの逆転負け(63対62)を喫してしまいました。

第4Qに見事逆転した慶應だったが

第4Qに見事逆転した慶應だったが

この結果、慶應は4勝9敗で8位に転落。1部リーグで9位・10位に終わったチームは、2部リーグの1位・2位チームと入れ替え戦を強いられるだけに、なんとか踏みとどまりたいところです。

慶應の残り試合は5試合。きょう18日(日)の9位・法政大学(3勝10敗)との一戦は絶対に落とせないゲームとなります。

試合会場の日吉記念館、ゲームの合間には慶應のチアリーディング部が会場を盛り上げた

試合会場の日吉記念館、ゲームの合間には慶應のチアリーディング部が会場を盛り上げる

試合会場は日吉キャンパス内の日吉記念館(並木道のつきあたり真正面)で、17時40分の開始です。入場料は大人1000円、中高生は500円、小学生は無料となっています。

試合は、大学バスケットボールの1部リーグならではの迫力と、ゲームを盛り上げるアナウンスや合間に行われるチアリーディング部の華麗なパフォーマンスなど、プロリーグにも負けない面白さがあります。

また、慶應のホーム日吉ならではの大声援も見どころです。

今リーグ最後となる日吉での公式戦。ぜひ観戦してみてはいかがでしょうか。

なお、18日(日)は、慶應の試合に先立ち、11時から拓殖大学と筑波大学、12時40分から青山学院と国士舘大学、14時20分から明治大学と専修大学、16時から東海大学と白鴎大学の1部リーグ各大学によるゲームもそれぞれ予定されています。

【参考リンク】

第91回関東大学バスケットボールリーグ戦(関東大学バスケットボール連盟)

慶應義塾バスケットボール部ホームページ

日吉キャンパス案内(慶應義塾)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)