<2022年参院選>港北区内での得票に特徴も、投票率は7ポイント増

横浜日吉新聞

一昨日(2022年)7月10日(日)に投開票が行われた参議院議員選挙で、港北区の投票率は前回3年前の2019年参院選と比べ、選挙区の投票率が7.04ポイント増の56.79%(前回49.75%)となり、増加率では都筑区の7.49ポイントに次いで横浜市内で2番目の高さとなりました。

港北区では女性の投票率が前回と比べて7.78ポイント増えていたのが特徴で、都筑区でも8.22ポイント増となっていました。

日吉駅近くの選挙ポスター掲示板

神奈川選挙区で港北区内における各候補者の得票率を見ると、浅尾慶一郎氏(自由民主党)が2ポイント、寺崎雄介氏(立憲民主党)は1.6ポイント、深作ヘスス氏(国民民主党)も1.3ポイントとそれぞれ県全体の得票率と比べて高いという特徴が見られます。

一方、三浦信祐氏(公明党)が3.1ポイント、三原じゅん子氏(自由民主党)は1.7ポイント低くなっていました。

比例代表では、県全体の得票率と比べ港北区内では国民民主党が1.37ポイント、日本維新の会は0.96ポイント高く、公明党は2.99ポイント低いという結果でした。

県選挙管理委員会の発表によると、港北区での得票数は次の通りです。

神奈川県選挙区「港北区」での得票数(定数4+1)

)カッコ内は届出名、現=現職、元=元職、そのほかは新人
)5番目の当選者は「補欠選挙」分として任期が約3年となる

  • 三原じゅん子(自由民主党・現):29,275(18.0%)/県全体:807,300(19.7%)【1位当選】
  • 浅尾(あさお)慶一郎(自由民主党・元):24,833(15.3%)/県全体:544,597(13.3%)【4位当選】
  • 松沢成文(しげふみ)(日本維新の会・元):23,731(14.6%)/県全体:605,248(14.8%)【2位当選】
  • 三浦信祐(のぶひろ)(公明党・現):16,766(10.3%)/県全体:547,028(13.4%)【3位当選】
  • 水野素子(もとこ)(立憲民主党):15,810(9.7%)/県全体:394,303(9.6%)【5位当選※】
  • 浅賀(あさか)由香(日本共産党):14,208(8.7%)/県全体:354,456(8.7%)
  • 深作ヘスス(国民民主党):12,233(7.5%)/県全体:253,234(6.2%)
  • 寺崎(てらさき)雄介(立憲民主党):10,845(6.7%)/県全体:210,016(5.1%)
  • 藤村晃子(参政党):4,965(3.0%)/県全体:120,471(2.9%)
  • 無効投票数:4,406(2.6%)/県全体:105,052(2.5%)
  • 内海(うつみ)洋一(社会民主党):1,888(1.2%)/県全体:49,787(1.2%)
  • 秋田恵(めぐみ)(無所属):1,156(0.7%)/県全体:24,389(0.6%)
  • 重黒木優平(NHK党):1,002(0.6%)/県全体:25,784(0.6%)
  • 首藤(すとう)信彦(共和党):938(0.6%)/県全体:13,904(0.3%)
  • 針谷大輔(だいすけ)(維新政党・新風):878(0.5%)/県全体:19,867(0.5%)
  • グリスタンエズズ(新党くにもり):868(0.5%)/県全体:22,043(0.5%)
  • 飯田富和子(とわこ)(NHK党):690(0.4%)/県全体:17,609(0.4%)
  • 橋本博幸(ハシモトヒロユキ)(NHK党):623(0.4%)/県全体:19,920(0.5%)
  • 藤沢あゆみ(無所属):542(0.3%)/県全体:19,155(0.5%)
  • 小野塚清仁(きよと)(NHK党):508(0.3%)/県全体:11,623(0.3%)
  • 久保田(くぼた)京(女性天皇と共に明るい日本を実現する会):436(0.3%)/県全体:10,268(0.3%)
  • いき愛子(幸福実現党):349(0.2%)/県全体:11,073(0.3%)
  • 萩山あゆみ(日本第一党):293(0.2%)/県全体:8,099(0.2%)

比例代表「港北区」での得票数(届出政党・政治団体)

)太字の政党が1議席以上を獲得

  • 自由民主党:53,957(32.95%)/県全体:1,356,430(33.06%)
  • 日本維新の会:27,393(16.73%)/県全体:646,922(15.77%)
  • 立憲民主党:22,584(13.79%)/県全体:541,279(13.19%)
  • 国民民主党:13,052(7.97%)/県全体:270,584(6.60%)
  • 公明党:12,285(7.50%)/県全体:430,355(10.49%)
  • 日本共産党:11,451(6.99%)/県全体:296,132(7.22%)
  • れいわ新選組:7,667(4.68%)/県全体:186,016(4.53%)
  • 参政党:5,652(3.45%)/県全体:133,704(3.26%)
  • 社会民主党:4,120(2.52%)/県全体:103,803(2.53%)
  • NHK党:3,956(2.42%)/県全体:96,614(2.35%)
  • 無効投票数:3,435(2.05%)/県全体:92,027(2.19%)
  • ごぼうの党:581(0.35%)/県全体:12,485(0.30%)
  • 幸福実現党:311(0.19%)/県全体:9,493(0.23%)
  • 新党くにもり:308(0.19%)/県全体:7,130(0.17%)
  • 日本第一党:306(0.19%)/県全体:8,287(0.20%)
  • 維新政党・新風:139(0.08%)/県全体:3,281(0.08%)

)この記事は「横浜日吉新聞」「新横浜新聞~しんよこ新聞」の共通記事です

【関連記事】

・【3年前の前回】<参院選>「れいわ」への投票目立った港北区、立憲や維新も伸びる(2019年7月23日)

【参考リンク】

神奈川県選挙管理委員会「参議院議員選挙」(選挙結果のページ)

NHK「参院選2022」神奈川 選挙区(下部に開票所別の得票数も)

NHK「参院選2022」比例代表 党派別得票・獲得議席(各党の当選者も)


カテゴリ別記事一覧