1日に「488人」の新規感染者が発生した横浜市、もう過去最多を更新(1/14時点)

横浜日吉新聞

わずか5日間で過去最多を更新し、横浜市で1日に発生した新型コロナウイルスの感染者数はきのう(2021年)1月14日(木)に488人を記録。感染拡大が止まる気配は見られません。【2021年1月14日21:37記事公開】

新年に入って新規感染者は急増の一途をたどっており、1日あたり500人台に近づきつつある(市の特設ページより)

1日あたりの過去最多だった280人(昨年12月31日)を大きく突破し、461人に達したのが今月1月9日(土)。それから5日間で最多を更新することになりました。

新年に入ってからの14日間だけで、横浜市内では3656人の新規感染者が発生しており、このうち8人が亡くなり、13人は重症、32人が中等症となっています。市内の累計感染者数は1万3813人、死亡は累計160人。

1月は平均すると1日あたり261人の新規感染者が発生している横浜市。累計の感染者数が18区最多となっている港北区の住民が少なくはない数を占めているとみられるだけに、新型コロナウイルスの危機がより身近な場所に迫っているといえそうです。

【関連記事】

港北区で週間「230人」が新規感染、新年に入りほぼ倍増ペース(1/14時点)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2021年1月15日)※リンク追記

横浜市の感染者は一気に「1日460人台」に、累計1万2000人を突破(1/9時点)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2021年1月9日)

港北区の感染者数は市内で最多「1090人」、週120人以上の発生続く(1/7時点)(2021年1月8日、先週木曜日までに区内では週間120人以上の新規感染者が出ている)

【参考リンク】

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)

新型コロナウイルス感染症による新たな市内の患者確認について(横浜市、2021年1月14日、計488人が確認された)


カテゴリ別記事一覧