<綱島SST>国が後押しする水素エネルギーの普及拠点、エネオススタンドが完成

横浜日吉新聞
綱島街道に面して水素ステーションが設けられている

綱島街道(左)に面して水素ステーション(米アップル研究所のとなり)が設けられる

「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(綱島SST)内の綱島街道に面した位置(米アップル研究所となり)にENEOS(エネオス=JXエネルギー)の水素ステーションがこのほど完成しました。建物の工事は終えており、春ごろにも営業を始めるとみられます。

この「エネオス横浜綱島水素ステーション(仮称)」は、燃料電池自動車(FCV)の燃料である水素を補給する“スタンド”で、神奈川県内では12カ所目になるといいます。

p170127p0003

水素ステーションの建物はほぼ完成しており、細かな整備や試運転などが行われた後に営業を開始する

FCVは大気汚染の原因となる有害物質を排出しないエコな乗り物ではあるものの、1台あたり700万円超という販売価格もあり、2015年調査での保有台数は630台。国はFCVの購入者と水素ステーションの設置事業者に補助金を出すなどして、2020年までにFCV4万台程度と水素ステーション160カ所程度を普及させたい考えです。

綱島水素ステーションも国や県から約2億9000万円弱の補助金を活用して整備。燃料電池自動車への補給だけでなく、水素で発電する業務用燃料電池への水素供給や、水素エネルギーに関する情報発信拠点としても活用される予定です。

【関連記事】

希少な“究極のエコカー”向け、綱島SSTにエネオス「水素ステーション」開業(2017年3月15日)

世界のまちづくりにも影響、超先進的な開発となる「綱島SST」の全貌とは(2016年3月29日)

米アップル研究所「綱島TDC」稼働は年度内? 官房長官の視察で相次ぎ報道(2017年1月20日、隣のアップル研究所)

【参考リンク】

「水素ステーション整備費補助金」交付決定について(2016年8月10日、神奈川県によるJXエネルギー「横浜綱島水素ステーション」への補助金決定について)

綱島SSTの各施設について(水素ステーションは4番)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧