「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」の著作権とリンク、引用・転載の方針について

横浜日吉新聞

一般社団法人地域インターネット新聞社が運営する「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」についての著作権やリンク、引用・転載などのルールについては、読者の方々の良識(常識)に任せ、あえて定めていませんでした。

しかし、区内在住者とみられるごく一部のインターネット利用者が、「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」の記事や画像を“ほぼコピペ”し、あたかも自らの著作物であるかのように加工したうえで、継続的にブログなどに貼り付け、公開しているケースが見受けられました。

引用・転載に関しては、著作権法第三十二条で認められた範囲でのみ行うことが可能です。

以下、一般社団法人地域インターネット新聞社としての方針をお知らせいたします。

……………………………………………………………………………………………………

「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」のリンク・著作権について

1.リンクについて

  • 「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」は誰もがアクセスできる公共的な空間であるインターネット上で広く公開するものです。そのため、公開しているすべてのページについて、リンクに関する許諾や報告の必要はありません。自由にお願いいたします
  • ただし、写真や資料などの画像へ直接リンクを行った場合は、本文や画像説明文などと切り離されてしまい、本サイトの意図と異なって伝わる場合があるため、ご遠慮いただくようお願いいたします

2.著作権・引用・転載について

  • 「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」のサイト上に掲載している文章・写真・図版などについては、両サイトの運営者である「一般社団法人地域インターネット新聞社」が著作権を有します
  • 「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」のサイト上において、他の著作物や資料などから引用・転載を行ったことを表記している資料や画像などは、引用・転載元が著作権を有します
  • 「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」のサイト上に掲載している文章・写真・図版などの引用は、一般社団法人地域インターネット新聞社が著作権を有しているものに関してのみ、著作権法第三十二条に認められた範囲で行うことが可能です

※参考:著作権法第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

  • 著作権法で認められた場合を除き、「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」のサイト上に掲載している文章・写真・図版などの無断複製(コピー)や転載が行われた場合、その事実および行った主体(団体・個人など)を公表するとともに、行った主体に対して法的措置を講じます
  • 「横浜日吉新聞」「新横浜新聞」のサイト上に掲載している文章・写真・図版などの複製(コピー)や転載を行う際は、運営者まで連絡をお願いいたします。一般社団法人地域インターネット新聞社が著作権を有する画像などについては、おおむね提供することが可能です。また、地域の発展に資する転載や資料の提供については最大限ご協力いたします(ただし、対象地域と無関係の利用についてはお断りする場合があります)

※参考:公益社団法人著作権情報センターが公開している「著作物を無断で使うと?」や「デジタル・ネットワーク社会と著作権」は著作権について分かりやすく解説されていますので、参考までにご覧ください。

2017年10月29日

一般社団法人地域インターネット新聞社

横浜日吉新聞、新横浜新聞