もう使いましたか? 日吉駅の渋谷方面ホームに先進的なタッチパネル式「デジタル時刻表」

横浜日吉新聞
日吉駅の渋谷・目黒方面ホームのエレベーター脇に設置されたデジタル時刻表

日吉駅の渋谷・目黒方面ホームのエレベーター脇に設置されたデジタル時刻表

日吉駅の渋谷方面行ホームに細長いタッチパネル式の「デジタル時刻表」が設置されているのをご存知でしょうか。実はこの機器、昨年(2015年)11月に武蔵小杉駅など2駅に国内で初めて設置されたといい、東急電鉄のなかでも5駅にしか置かれていない先進的な時刻表です。

地下鉄グリーンラインとの連絡改札行エレベーター脇にデジタル時刻表が置かれたのは先月(2016年11月)13日。パネル画面にタッチし、目的駅を指定すると一番早く到着する列車の時刻や途中停車駅の到着時刻が表示されます。急行や特急などへの乗り換えを含め、目的駅まで最短経路を知ることが可能です。

「スマートフォンなどをお持ちでないお客さまにも、きめ細かい情報提供ができるよう、東横線と目黒線が並走する日吉駅には必要なアイテム」(東急電鉄)として、東急電鉄内で4番目に導入されました。

タッチしていくとさまざまな情報を得ることができる

タッチしていくとさまざまな情報を得ることができる

東急電鉄によると、すでに先行設置されている武蔵小杉などの利用者からは「機器が操作しやすく、字の大きさなどが見やすい」と好評だといい、今後は地下鉄などと相互直通運転を実施している路線を中心に導入していきたい考えです。また、時刻や乗り換え情報だけでなく、鉄道に関するさまざまなコンテンツ(情報)を配信することも検討しているといいます。

最近は東急電鉄のスマートフォン向けアプリでも詳細な情報が得られますが、大きい画面で見やすいデジタル時刻表も試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

「東急アプリ」が8月からまたも新機能、目的地までの所要時間実績を表示(2016年7月30日)

<日吉駅>「東急アプリ」に構内カメラ撮影の静止画を配信、混雑状況を告知(2016年3月19日)

東急線アプリで「駅構内画像」配信サービス、10月上旬から綱島駅でも開始へ(2016年9月16日)

【参考リンク】

駅構内では国内初!「先着列車案内」機能を搭載したタッチパネル式デジタル時刻表導入PDF、武蔵小杉駅などに導入時のニュースリリース、2015年11月19日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)