駅のお知らせポスター電子化を試行、日吉駅に2台の“電子看板”が登場

横浜日吉新聞
日吉駅構内の渋谷寄り階段付近に置かれた2台の電子看板

日吉駅構内の渋谷寄り階段付近に置かれた2台の電子看板

先週末(2016年8月6日)あたりから日吉駅構内の渋谷寄り階段付近に現れた2つの電子看板。デジタルサイネージと呼ばれるこのディスプレイは、駅に貼られたポスターを電子化して“掲示”するための試行として、日吉駅をはじめとした東急線の3駅にテスト設置。主に東急電鉄からのお知らせが配信される予定だといいます。

最近では、武蔵小杉駅のホームなどに乗り換え案内が検索できるような大型ディスプレイも設置されていますが、日吉駅に置かれているのはあくまでも“電子看板”。遠くから見るとタブレット端末を巨大化したようにも見えるため、思わずタップしたりスクロールしたりしたくなりますが、タッチパネルではありませんので念のため……。

【関連記事】

<日吉駅>「東急アプリ」に構内カメラ撮影の静止画を配信、混雑状況を告知(2016年3月19日、日吉駅でこんな先進実験も)

<日吉駅>風物詩の「かぶと虫」が登場、日吉で生まれ育ち迎えた3年目の夏(2016年7月7日、東急線でカブトムシがいる駅は日吉だけ)


カテゴリ別記事一覧