新生「GB’sCAFE」はアメリカンに拡大し9/1(木)夜オープン、矢上店は8月中に閉店

横浜日吉新聞
いよいよGB'sCAFE(ジービーズカフェ)の地下店舗が拡張オープン!矢上店より倍に席数も増えて、さらに進化したアメリカン・スタイルのお店の雰囲気を堪能できることになった

いよいよGB’sCAFE(ジービーズカフェ)の地下店舗が拡張オープン!矢上店より倍に席数も増えて、さらに進化したアメリカン・スタイルのお店の雰囲気を堪能できることになった

日吉駅近くのビル地下に、GB’sCAFE(ジービーズカフェ)がアメリカンに拡大――慶應義塾大学ほか多くの学生に絶大な人気を誇るアメリカン・スタイルの飲食店「GB’s CAFE 慶応大学日吉駅前店」(日吉本町1)が、きょう2016年9月1日(木)夜の営業から、地下1階店舗を増床しリニューアルオープンします。

地下部分のお店は、これまでの「古き良き」アメリカン・スタイルをさらに進化させ、巨大スクリーンや、アメリカのロードサイドを旅しているかのような店舗デザイン、ネオンも豊かに配置・アレンジしています。

地下空間に新たに広がるアメリカンな世界。オープン前夜の店内は、開店準備作業に追われていた

地下空間に新たに広がるアメリカンな世界。オープン前夜の店内は、開店準備作業に追われていた

この地下店舗のオープンに伴い、これまで綱島街道沿いにあった「慶應大学前矢上店」(日吉4)は先月(2016年)8月10日に閉店しています。新しい増床部分だけで「約80席分」(同店)と、これまでの慶應矢上店の倍程度の席数を確保。事実上の「拡張オープン」となりましたが、日吉での1号店として2008年より約8年間親しまれてきた慶應矢上店の閉店は、慶應矢上キャンパスに通う学生はじめ、多くの同店のファンにとって、惜しまれる出来事となりました。

惜しまれながら閉店したGB’sCAFE(ジービーズカフェ)の日吉1号店となる「慶應大学前矢上店」(閉店を1週間後に控えた2016年8月2日に撮影)

惜しまれながら閉店したGB’sCAFE(ジービーズカフェ)の日吉1号店となる「慶應大学前矢上店」(閉店を1週間後に控えた2016年8月2日に撮影)

「GB’s CAFE(ジービーズカフェ) 慶応大学日吉駅前店」は、日吉駅西口を中央通りまたは浜銀通りへ進み、二つの通りの間にある「日光ビル」の3階と地下1階(新店舗)、日吉駅から徒歩2分程度の場所にあります。学生が減り閑散期となっているため、今月(2016年)9月25日(日)までは夜のみ営業(17時~深夜25時)、ランチタイム営業は9月26日(月)から再開(12時~)するとのことです。

【関連記事】

日吉駅近のビル空き店舗、学生に人気の「GB’sCAFE」が地下1階に店舗拡張へ(2016年4月16日)

日吉駅前の飲食店、学生に人気の居酒屋と焼肉食べ放題店など3つが閉店(2016年3月17日)

【参考リンク】

GB’sCAFE(ジービーズカフェ)~HOTRODDINER~公式ホームページ

GB’sCAFE(ジービーズカフェ)慶應大学日吉駅前店(公式ホームページより)

GB’sCAFE(ジービーズカフェ)公式Facebookページ ※オープン記念サービスについての記述あり

GB’sCAFE(ジービーズカフェ)公式Twitter


関連スポンサー広告(グーグルから配信)