日吉・綱島停車は望み薄ですが……2017年春に東横線で初となる「座席指定の観光列車」

横浜日吉新聞
座席指定列車は西武鉄道の新型車両が使用される(西武鉄道ニュースリリースより)

座席指定列車は西武鉄道の新型車両が使用される(西武鉄道ニュースリリースより)

来年2017年春から東急東横線に初の座席指定列車が走ることになりました。この列車は、土休日に西武鉄道秩父線から東京メトロ副都心線を経て、東横線とみなとみらい線へ乗り入れるといい、追加料金を支払えば座席が確保される形の観光列車となるようです。

4つの鉄道会社が合同で発表した2016年6月16日付のニュースリリースによると、西武が導入する進行方向に向いた2人掛けのシート(クロスシート)を備えた新型電車を使い、別途指定席の料金を徴収するとしています。詳細な運行時刻や停車駅、料金などは未定とのことです。

車内は2人掛けの座席になる(西武鉄道ニュースリリースより)

車内は2人掛けの座席になる(西武鉄道ニュースリリースより)

同日付の日本経済新聞(朝刊)は「停車駅は横浜駅や渋谷駅など主要駅を中心に検討している」と報道。運行時には座席指定券を販売したり、乗車時にチェックしたりする手間が生じることもあり、特急停車駅ではない日吉や綱島駅に停車する可能性は現時点で低いとみられます。

一方、東急線では初の座席指定列車が運転されることになるため、これを機に、何年か先には東横線でも朝や夕方の時間帯に有料で座っていける列車の導入が期待できるかもしれません。

【参考リンク】
「2017年春 座席指定制の直通列車を導入します!西武線~東京メトロ線~東急線~みなとみらい線にゆったり座れる座席指定制の直通列車を運行」(2016年6月16日、東急電鉄ニュースリリース)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)