キッチンカー出店など想定、樽町の「ブックオフ」店頭スペースを貸し出し

横浜日吉新聞

ブックオフの店頭が賑やかになるかもしれません。樽町3丁目の県道「川崎町田線」沿いにあるブックオフの大型店「スーパーバザー(BOOKOFF SUPER BAZAAR)綱島樽町店」で、キッチンカーなどを対象に店頭スペースの有料貸し出しがこのほど始まりました。

生活支援サービス(便利屋)「Benry(ベンリー)」も9月23日から新たに始める予定の「ブックオフ スーパーバザー綱島樽町店」(9月1日)

運営会社のブックオフコーポレーション株式会社(相模原市)がベンチャー企業軒先(のきさき)株式会社が展開する遊休スペース貸し出しサービスを活用し、綱島樽町店など郊外部にある全国12店で始めたもので、キッチンカーの出店などを想定しているといいます。

港北区内のブックオフでは最大規模となる綱島樽町店は、旧ヤマダ電機(旧ダイクマ)綱島樽町店だった建物(翠松ビル)を使い、当時の同チェーンでは神奈川県最大級として2012年8月にオープン。売場面積は約4500平方メートルあり、古本以外にブランド品やスポーツ用品など、各種リユース商品を一堂に集めた大型複合店となっています。

同店敷地のうち、店頭の10平方メートル区画2カ所を貸し出しスペースとし、料金を1日あたり2000円からに設定。軒先株式会社のサイトを通じ、希望者に貸し出す形としています。

【関連記事】

樽町に「オリンピック」が再出店、隣の大型店「ブックオフ」では店内刷新(2019年5月31日)

「ドンキ新横浜店」店内や出入口の出店スペース、1日1万1000円から貸し出しへ(新横浜新聞~しんよこ新聞、2016年9月25日、ドン・キホーテも店頭を貸し出している)

【参考リンク】

BOOKOFF SUPER BAZAAR 綱島樽町店(ブックオフ) 屋外スペース(1)(貸し出しスペースの詳細、軒先株式会社)

BOOKOFF SUPER BAZAAR 綱島樽町店(ブックオフ) 屋外スペース(2)(貸し出しスペースの詳細、軒先株式会社)

軒先株式会社による「ポップアップストア予約サービス」の案内ページ


カテゴリ別記事一覧