JR南武線がまもなく90周年、車内を記念仕様にした列車の運行やグッズ発売も

横浜日吉新聞
南武線90周年のヘッドマーク(JR東日本ニュースリリースより)

南武線90周年のヘッドマーク(JR東日本ニュースリリースより)

今月(2017年3月)9日(木)で南武線(川崎~武蔵小杉~立川)が開業90周年を迎えるにあたり、JR東日本横浜支社は記念列車の運転やヘッドマークを取り付けての運行などを行います。

南武線を走る1編成を記念列車とし、車内で中吊り広告をジャックし南武線にまつわる写真などを掲出するほか、吊り手には開業90周年を記念した装飾などを実施。運転初日の9日(木)には川崎発登戸行の臨時各駅停車として運行し、川崎・尻手・武蔵小杉・武蔵中原・武蔵溝ノ口の各駅では、駅長が出発合図も行うといいます。

南武線の列車一編成を90周年記念仕様にするという

南武線の列車一編成を90周年記念仕様にするという

記念列車は川崎を10時33分に出発し、武蔵小杉は10時45分ごろに発車、終着の登戸には11時2分に着くダイヤ。10日以降、この90周年記念編成は定期列車のなかで当面の間運転されるとのことです。

また、武蔵小杉駅などの各駅では写真や歴史年表が掲示されるほか、4月中旬からは「南武線開業90周年記念クイズラリー」も予定されています。また、記念グッズとしてボールペン(税込430円)を武蔵小杉などの駅売店で3月11日から発売されます。

【参考リンク】

南武線(川崎~登戸間)開業90周年イベントのお知らせPDF、JR東日本)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧