地上の東横線・渋谷駅は跡形もなく、2年後に35階建て「クリエイターの聖地」ビル

横浜日吉新聞
日吉沿線
旧渋谷駅の跡地に2018年秋に建てらる35階建ての「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」(東急電鉄のニュースリリースより)

旧渋谷駅の跡地に2018年秋に建てらる35階建ての「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」(東急電鉄のニュースリリースより)

東急東横線の終点として長年地上にあった渋谷駅。2013年3月に副都心線との直通運転を機に高層ビル「渋谷ヒカリエ」の地下深くへ潜った後、旧渋谷駅周辺の風景は大きく変わろうとしています

地上駅は周辺の雑居ビルとともに跡形もなくなり、2年後の2018年秋には「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」という名の高さ180メートル・地上35階建ての高層ビルが完成。「クリエイティブワーカーの聖地」というコンセプトのもと、クリエイター向けを意識したオフィスや商業施設などが設けられるといいます。

東急電鉄がきのう(2016年10月)24日、地上駅や周辺のビル跡地などの敷地11万6700平方メートルを活用した再開発の詳細計画を発表しました。

2013年1月の地上時代の渋谷駅、右手のビルが「コーププラザ(日本生活協同組合 連合会の本部)」

2013年1月、地上にあった渋谷駅。右手のビルが「コーププラザ(日本生活協同組合 連合会の本部ビル)」

2016年10月の旧渋谷駅付近、真正面に見えるのがコーププラザ。駅は跡形もなくなっている

2016年10月の旧渋谷駅付近、真正面に見えるのがコーププラザ。駅や周辺のビルは跡形もない

渋谷ストリームのフロア図(ニュースリリースより)

渋谷ストリームのフロア図(ニュースリリースより)

地上35階・地下4階建ての渋谷ストリームでは、1階から3階までが「流行に左右されない“渋谷流=シブヤ・カスタム”が集まる商業空間」というコンセプトの商業施設となり、4階には起業を支援する「インキュベーションオフィス」や、自転車通勤をサポートする「サイクルカフェ」を設置。

5階はオフィス階へのロビー、6階に会議室やホール、9階から13階は東急ホテルズが運営する180室のシティホテル、14階から35階がオフィスとしています。

イメージとしては、渋谷ヒカリエから商業施設を少なくし、代わりにホテルが入り、ITビジネス色を若干強めたような複合ビルとなりそうです。また、渋谷川沿いという立地を活かし、川の水を再生したうえで、広場などで水辺空間を楽しめるようにするといいます。

東横線が走っていた頃はどんよりしていた渋谷川は再生される予定(2013年)

東横線が走っていた頃はどんよりしていた渋谷川は再生される予定(2013年)

渋谷川に沿って東横線が地上を走っていた頃は、落書きだらけの高架橋に面して古い雑居ビルが並び、川からは異臭さえ漂っていましたが、そんな風景が遠い昔話となるほどに、地上駅付近は2年後に大きな変化を遂げることになりそうです。

【参考リンク】

渋谷駅周辺地区における再開発事業の進捗について(東急電鉄、2016年10月24日)

渋谷駅周辺開発プロジェクト(東急電鉄、駅近くで5つのプロジェクトが進行中)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)