井田病院が海外赴任や留学者向けの「渡航者外来」、ワクチン接種や健康診断に対応

横浜日吉新聞

井田病院(井田2)では今月(2017年7月)1日から海外渡航者向けの外来部門を開設したと発表しました。基礎疾患の管理をはじめ、感染症や高山病の予防を扱う外来で、マラリア予防薬や高山病予防薬の処方、持病のある人の生活指導などを行うといいます。

井田病院による「渡航者外来」の案内ページ

同部門は、国際旅行学会(International Society of Travel Medicine)の認定を受けた感染症専門医である中島由紀子医師が担当し、日本で使用されているワクチン接種や、海外赴任や留学のための健康診断を実施。英語とスペイン語にも対応するとのこと。

診療は月、水、木、金曜日の12時30分から13時30分で1日2枠で1枠につき30分。電話での予約が必要。保健適用外の自費診療となります。

【関連記事】

海外旅行の健康管理をを学ぶ貴重な機会、7/20(水)14時から井田病院で公開講座(2016年7月5日、中島由紀子医師が登壇)

【参考リンク】

渡航者外来開設のお知らせ(井田病院)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧