<横浜市>2020年「大みそか」に過去最多、今月だけで4200人超、累計1万人を突破

横浜日吉新聞

2020年最後の日となる大みそか(12月31日)に、新型コロナウイルスの感染者数が横浜市では1日あたり過去最多となる280人が判明するとともに、累計の感染者数が1万人を突破し1万183人。12月は31日間だけで計4200人超の感染者が発生したことになります。【2020年12月31日19:25記事公開】

横浜市内では12月だけで4200人以上の感染者が発生している

NHKの報道によると、きょう大みそかとなる12月31日(木)は1日で全国で4000人を超える感染が判明しており、東京都でも過去最多となる1337人に達しました。

31日は、横浜市でも1日の過去最多だった24日(木)の248人を超え、280人の感染が判明。川崎市も1日あたりの過去最多となる100人に達し、累計では川崎区が1000人を超えて1034人、中原区は715人、高津区が588人などとなっています。

横浜市では12月24日(木)分を最後に18区別の感染者数を公表しておらず、次回は1月8日(金)まで公表が行われないため、身近なエリアの感染状況は分かりづらい状況です。

24日以降、個別に公表された情報によると、港北区内では区内に本社を置く大手企業の従業員や、区内商業施設の従業員に加え、区の主要医療機関となっている横浜労災病院(小机町)では、12月26日から30日までに同病院の業務委託職員計4人が陽性判定を受けたことがそれぞれ明らかにされています。

【関連記事】

横浜市内の感染者数がもう累計9000人を突破、一週間で1200人以上(12/26現在)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年12月26日、5日前に9000人を超えたばかりだった)

横浜市でも1日最多の248人を記録、林市長「強い危機感」(12/24)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年12月25日)

<感染者激増>港北区で週間120人超、累計843人、区長が異例のコメントも(12/24分)(2020年12月25日、18区別の感染者数は1月8日まで公表されない予定)

【参考リンク】

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)


カテゴリ別記事一覧