井田病院が大掛かりな災害医療訓練、12/12(土)午前に一般にも公開

横浜日吉新聞
今年(2015年)4月に改築が終了したばかりの川崎市立井田病院。日吉からもバス一本で行ける

今年(2015年)4月に改築が終了したばかりの川崎市立井田病院。日吉からもバス一本で行ける

川崎市立井田病院(中原区井田2)は、2015年12月12日(土)の9時から大がかりな災害医療訓練を行います。訓練は11時まで行われ、一般にも公開されます。この間、10時30分と11時前後には病院屋上のヘリポートを使ったヘリコプターの離発着も予定されています。

当日は同病院の職員や消防局職員、川崎看護専門学校学生ら150名が参加し、災害対策本部の立ち上げからトリアージによる重症度別分類、井田病院と川崎病院(川崎区)間のヘリコプターによる傷病者の搬送受入れ訓練などが予定されています。

正面玄関横の時間外受付で申告を行えば一般の見学も可能です。

【参考リンク】

川崎市立井田病院〔県指定災害協力病院〕災害医療訓練の実施について(川崎市)

ヘリコプター離着陸割訓練の実施についてPDFファイル、日吉町内会)

川崎市立井田病院の公式ホームページ


カテゴリ別記事一覧