SDM研究科

横浜日吉新聞

スポーツが「SDGs(エスディージーズ=持続可能な開発目標)」に果たす役割について、世界的なスポーツの現場や学術的な視点から考える貴重な機会となりそうです。 慶應義塾大学のスポーツ医学研究センターなどは今週(2022年) …

こんな時だからこそ、地元からスポーツビジネスの未来を考える好機かもしれません。日産スタジアムや横浜国際プールの運営などに携わる公益財団法人横浜市スポーツ協会(旧横浜市体育協会、山口宏会長)は、今週(2021年)7月15日 …

日吉の「無観客」2試合も好調にスタート、大学ラグビーの頂点を目指す戦いを続けています。 1899(明治32)年の創部から120年超の歴史を誇る慶應義塾大学ラグビー部(蹴球部)。 昨年(2019年)のラグビーワールドカップ …

コロナ禍で中止となっていたシンポジウムがオンラインに場を移して再度企画されました。日吉キャンパスに拠点を置く慶應義塾大学スポーツ医学研究センター(日吉4)などは今月(2020年)8月18日(火)の16時から「慶應スポーツ …

この夏、初開催の「オンラインラジオ体操」を、地元商店街が熱く盛り上げます。 横浜市港北区と(大豆戸町)と慶應義塾大学日吉キャンパス(日吉4)を拠点とする同大大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)がきの …

夏の風物詩「ラジオ体操」に、インターネット環境を利用して自宅から挑戦してみませんか。 横浜市港北区と慶應義塾大学日吉キャンパス(日吉4)を拠点とする同大大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)は、来月( …

小学生がインターネット環境を使って参加できる「運動プログラム」の受講者を募集しています。 港北区と慶應義塾大学日吉キャンパス(日吉4)を拠点とする同大大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)は、小学生を …

【法人サポーター会員による提供記事です】ラグビーを「基礎」から学べる教室が、慶應義塾大学下田ラグビーグラウンド(下田ラグビー場、下田町1)に新規開校します。 今年春(2019年)5月に一般社団法人慶應ラグビー倶楽部(東京 …

日本中が熱狂したラグビーワールドカップで、日本代表チームの躍進を支えたフィジカル強化担当コーチが小学生が伸ばしておくべき「体」と「心」の能力について伝授します。 慶應義塾大学大学院と慶應ラグビー倶楽部が運営する教育研究事 …

ラグビーワールドカップ(W杯)の盛り上がりを子どもたちに――横浜市港北区内の小学校で、大学生ラグビー部員が、ラグビーに親しんでもらうための特別授業を行っています。 この授業は、港北区体育協会(嶋村公会長)と慶應義塾大学体 …

カテゴリ別の記事一覧