JR東日本社宅跡

横浜日吉新聞

新川崎駅エリアに位置する「夢見ヶ崎」の周辺で一定規模の土地を再活用する動きが相次いでいます。川崎市幸区の南加瀬1丁目ではJRの社宅跡に166戸のマンション建設が始まり、同北加瀬2丁目では元大型工場のゴルフ練習場が再来月( …

幸区北加瀬2丁目のJR社宅跡地を使った再開発の街「コトニアガーデン新川崎」(新川崎駅から徒歩10分)で、きのう(2018年4月)2日までにすべての店舗がオープンし、カフェやパン店、医療機関など12のテナントが揃いました。 …

JR東日本グループが幸区北加瀬2丁目の社宅跡地で進めている再開発計画では、賃貸住宅は2LDK(約55㎡)を中心とした60戸とし、商業施設の建物は2棟設ける計画であることが分かりました。川崎市に提出された環境影響評価の準備 …

JR東日本による北加瀬における再開発のイメージ

日吉駅から直線距離で約1.5キロほど、矢上橋を渡って少し歩いた場所にある川崎市幸区北加瀬2丁目周辺で再開発の動きが広がっています。子育て世代向けの賃貸住宅や保育園、商業施設の設置を計画しており、発展が続くJR横須賀線の新 …

カテゴリ別の記事一覧