港北区

横浜日吉新聞

今年(2018年)3月30日に開業10周年を迎える横浜市営地下鉄「グリーンライン」では、車両基地見学や記念列車への乗車など、港北区など3区在住・在勤者を対象に、事前応募制で行われる4つのイベントについて参加者の募集を始め …

今月(2018年1月)15日、港北区内の主に70歳から80歳代向けに限定しためずらしい無料の月刊地域情報紙「えがお」が創刊されました。日本のインターネット普及率が8割を超えたなかでも、ネットを使わない高齢層に直接届けたい …

保育園などの「子育て施設」周辺でも交通安全を訴えます。港北区は保育園の周辺で、施設の存在を知らせ、安全運転を呼び掛ける電柱巻付け看板(標識)を区内143カ所に設置すると発表しました。これは横浜市内で初めての取り組みだとい …

下田町1丁目の「下田町東公園」や日吉本町3丁目の「日吉本町三丁目公園」で遊具の刷新などを含めた全面改良工事が今年(2018年)3月下旬まで行われています。 港北土木事務所によると、すべり台などの遊具が耐用年数を迎えるため …

災害が起こったらペットはどうしますか。“家族”にしかできない事前準備を――港北区生活衛生課は、来月(2018年)2月3日(土)10時(9時30分受付開始)より11時30分まで、港北区役所4階会議室にて「災害時ペット対策講 …

特技や専門知識を持った人がボランティアの“先生”となる「まちの先生」が一堂に集まり、体験講座を行う「大倉山記念館オープンデイ~おしえて!まちの先生」が来月(2018年2月)11日(日)に大倉山記念館で行われます。 当日は …

港北区内の自治会・町内会への加入率は67.8%でした。横浜市市民局は今年(2017年)4月1日現在の自治会や町内会の加入率を横浜市会で公表しました。これによると、港北区内では昨年(2016年)同時期より0.5%減っており …

創設者の逝去や区の“補助金”終了という試練を乗り越えて――今年も年末の「第九」シーズンが到来しました。綱島地区を発祥とした港北第九合唱実行委員会(佐藤誠三会長)は、今週末の(2017年12月)17日(日)13時30分から …

横浜市は今年(2017年)10月1日現在の待機児童数について、港北区は302人と発表しました。これは市内18区で最悪の数字です。これまで実態が反映されていないとされてきた「待機児童」の定義をあらため、今回から育児休業中で …

横浜市内で製造業とIT産業の事業所数がもっとも多かったのは港北区でした。市経済局はこのほど横浜経済に関する項目を人口や産業、雇用面から整理した「データで見る横浜経済2017」を公開しました。 これによると、2016年(平 …

「花と緑のまちづくり」が加速するのかに注目が集まります。港北区内の個人やグループの庭や花壇を公開する第6回となる「港北オープンガーデン」(同運営委員会主催・小出瑛子リーダー)の来年(2018)開催概要が決定し、参加会場の …

2年後に日産スタジアムでのワールドカップ(W杯)も予定されているラグビーがもっと面白くなるかもしれません。港北区は今月(2017年11月)17日(金)夜に「スポーツデータ活用セミナー」を慶應義塾大学日吉キャンパスの協生館 …

カテゴリ別の記事一覧