「書籍」タグが付いた記事一覧 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

「日吉の街が大好き」だと語る慶應卒のスポーツ記者が、慶應塾高が甲子園優勝に至るまでの道のりを丁寧に取材、読み応えのある一冊の本に仕上げています。 株式会社新潮社(東京都新宿区)は、先週(2024年)7月18日、「スポーツ …

【法人サポーター会員によるPR記事です】手を動かし、モノを作る楽しさを知り学べる横浜日吉の「ロボット教室」が、新たな受講者を募集しています。 日吉駅から徒歩約3分、日吉中央通り沿いにある「ひよし塾」(日吉本町1)で開催さ …

【法人サポーター会員によるPR記事です】日吉の中学受験塾がホームページを初めてフル・リニューアル。入塾説明会や全国模試の受講者募集で活気づく秋となりそうです。 日吉駅から徒歩約3分、日吉中央通りのセイワビル1にある中学受 …

【法人サポーター会員による提供記事です】アピタテラス内の書店が、本の“多彩な”楽しさや魅力を伝える取り組みを続けています。 昨年(2018年)3月のアピタテラス横浜綱島(綱島東4)のオープンと同時に開店したくまざわ書店( …

“コンビニ博士”の集大成といえる本が出版されます。日吉在住の流通評論家・渡辺広明さんが東京スポーツでの連載をまとめた新刊「コンビニの傘はなぜ大きくなったのか~コンビニファンタジスタ 知れば話したくなる、あなたの知らないコ …

元住吉駅近くのブレーメン通りにある「住吉書房」の元住吉本店では、先月(2017年2月)15日から行っていた工事を終え、きょう3月1日(水)10時にリニューアルオープンするとのチラシが日吉地区の新聞に折り込まれました。 チ …

日吉東急の天一書房が文具売り場を大幅に増設するリニューアルを行います。綱島東1丁目に本社を置く多摩興産株式会社(武田好正社長)は、同社が経営を行う日吉東急の南館(綱島寄り)3階の「天一書房日吉店」を、2017年2月20日 …

書籍「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」(幻冬舎)

40歳で生存率が25%以下の悪性脳腫瘍(しゅよう)を乗り越え、42歳時には4割しか助からないと言われる白血病をも克服した綱島西在住の会社経営者・高山知朗(のりあき)さん。このほど初の書籍「治るという前提でがんになった~情 …

田辺雅文さん

下田町在住の田辺雅文(まさぶみ)さんが海外での観光ビジネスや留学など、自身の経験をまとめた書籍「GOING MY WAY~なせば成る 君にも展ける自分の道」(文芸社、1188円)を出版しました。田辺さんは1935(昭和1 …

高田の街から自らの戦争体験を語り継ぎ、平和の大切さを訴え続けているのが横浜市の小学校校長だった栗原茂夫さん(高田西)です。81歳になった現在も精力的に講演をこなす一方、70代の半ばにインターネットでの発信方法を一から学習 …

カテゴリ別の記事一覧