綱島西(西1~6丁目・綱島台・綱島上町)

横浜日吉新聞

綱島街道をはさんで西側のエリア。駅西口の綱島西1丁目から西2丁目にかけては商店街が広がり、綱島における商業の中心部となっています。綱島市民の森に近い「綱島台」や、早渕川を渡った先の大規模マンション群「グリーンサラウンドシティ」が位置する「綱島上町」を含め、綱島の西側エリア一帯の情報を集めています。

2019年の「住みたい街(駅)ランキング(関東編)」では日吉が大幅に順位を上げました。リクルートの住まいカンパニーがきのう(2019年)2月28日に発表した恒例のランキングは、昨年98位に沈んだ日吉が63位まで一気に上昇 …

2017年夏から都内中心部でサービスが始まった「オネストビー(honestbee)」というシンガポール発祥の買物代行サービス(日本法人・東京都江東区)が日吉・綱島・高田などの港北区周辺でも展開を始めようとしています。“コ …

今年(2019年)4月7日(日)に投開票が行われる「神奈川県議会」(105人)の議員選挙(神奈川県議選)で、港北区選挙区(定数4)は無投票となる可能性が高まっています。無所属で活動する現職の1氏が不出馬の意向を示しており …

綱島の歴史的建造物で約22年ぶりの光景が見られます。綱島郵便局に隣接した綱島台に1889(明治22)年に建築された「飯田家住宅」(横浜市指定有形文化財・1994年11月指定)の主屋(おもや)で、1997年以来、約22年ぶ …

東急バス新羽営業所は、綱島駅を23時41分以降に発車する高田駅や勝田(かちだ)折返所、新羽営業所方面への深夜バス「綱47系統」について、来月(2019年3月)1日から平日の一部便で行先を変更するとともに、5便ある深夜バス …

綱島温泉の石碑が大綱橋たもとの樽町側「大綱橋交差点」に“復活”しました。昨年(2018年)12月に設置場所だった敷地の建物解体により、行き場を失っていた「ラヂウム霊泉(温泉)湧出記念碑」が今月(2019年2月)15日、大 …

日吉・綱島・高田の人口と世帯数をお知らせする当コーナー。一つの「自治体レベル」といえる人口規模を持つ3エリアについて、定期的に集計していきます。 2019年1月31日現在、横浜市が「住民基本台帳」をもとに町名別集計を行っ …

タヌキ

下田小学校や駒林小学校の周辺には「タヌキ」や「ハクビシン」が住んでいる――。横浜市の環境科学研究所はこのほど、市内342校へ通う約1万1500人の児童を対象に、身近で見た「生き物」を報告してもらう「こども『いきいき』生き …

横浜市は4月から始まる2019(平成31)年度予算案で、「樽町地域ケアプラザ」(樽町1)の分室を綱島エリアに設ける費用や、「綱島地区センター」(綱島西1)の体育室へ空調を設置するための設計費、「日吉地区センター」(日吉本 …

日帰り温泉施設「綱島源泉湯けむりの庄」(樽町3、セントラル都市開発株式会社運営)で、来月(2019年2月)1日(金)などを皮切りに、入館者を対象とした“温泉講座”が計5回にわたって開かれます。 2016年4月にビッグヨー …

昨年(2018年)6月に綱島駅東口の綱島街道沿いへ移転新設された臨港バス(川崎鶴見臨港バス)の定期券売場は、来月(2019年2月)1日から営業時間を大幅に拡大します。 綱島駅の定期券売場は、鶴見駅方面行のバス乗場にありま …

カテゴリ別の記事一覧