「綱島東1~5丁目」カテゴリーの記事一覧| 横浜日吉新聞 - 16ページ目

横浜日吉新聞

綱島街道をはさんで東側のエリア。駅東口に近い綱島東1丁目では2023年3月末までに相鉄・東急直通線の地下新駅「新綱島駅(仮称)」が設けられ、駅上部には「港北区民文化センター」などが入るタワービルも新設。箕輪町に近い綱島東4丁目には旧パナソニック工場の跡地を使った「綱島SST」がオープンするなど、再開発がさかんです。諏訪神社や古民家「池谷(いけのや)家住宅」、綱島温泉の旅館跡など史跡も多く残ります。

横浜市と国土交通省(国交省)は、鶴見川が氾濫するおそれがある場合、綱島水位観測所のデータをもとに、国交省が洪水情報の「緊急速報メール」をスマートフォンなどに一斉配信することを今月(2019年6月)22日(土)から始めるこ …

【コラム】えっ?「聖火」って車で運ぶんですか――。来年7月から始まる「東京2020オリンピック競技大会(東京2020五輪)」の開催前に行われる「聖火リレー」では、2020年7月1日(水)に川崎市中原区と横浜市港北区の一部 …

水素を使った「燃料電池自動車」のカーシェアが今月(2019年6月)から綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)で始まりました。 これは株式会社ホンダカーズ横浜(保土ヶ谷区)などが運営するホンダ(本 …

横浜市都市整備局などは、東急新横浜線(相鉄・東急直通線)の新綱島駅(仮称)周辺を中心とした「綱島東一丁目地区」において、地区計画を変更する手続きを今月(2019年6月)14日に開始し、28日(金)まで周辺住民による「公述 …

【コラム】ドラッグストア界を揺るがす「業界再編」が港北区内企業から起きようとしているのをご存知でしょうか。 「ココカラファイン」は日吉・綱島・高田エリアでは聞きなれない会社名ですが、本社は港北区新横浜。同社は今、同業大手 …

デジタル社会の今だからこそ、地域に伝わる和の伝統芸能の継承を――第7回を数える「港北区民俗芸能のつどい」が、今月(2019年6月)16日(日)12時30分より(12時開場、16時30分終演予定)、港北公会堂(大豆戸町)で …

新綱島駅(仮称)周辺の都市計画を一部変更することにともなう横浜市の「素案説明会」が来週(2019年6月)14日(金)の19時から綱島地区センター(綱島西1)で開かれます。 2023年3月末までの開業に向けて、綱島東1丁目 …

大豆戸交差点

【コラム】日吉や綱島から菊名方面へ向かって「綱島街道」を走ると、一番の渋滞ポイントとなるのが港北区役所の至近にある「大豆戸(まめど)交差点」。このほど、横浜市道路局が発表した同交差点における交通量調査の結果から見えてきた …

【法人サポーター会員による提供記事です】「質」にこだわるクリニックとして、一人ひとりの受診者ときちんと向き合いたい――昨年(2018年)4月オープン、今年(2019年)4月で開業1周年を迎えた、綱島SST(Tsunash …

カテゴリ別の記事一覧