02_再開発・新建設

横浜日吉新聞

日吉・綱島・高田に関係する大型開発や新規建設などの情報を集めています。

パナソニックの工場跡地を使った「Tsunashima(綱島)サスティナブル・スマートタウン」(綱島SST、綱島東4)の予定地では、昨年(2015年)9月から建設が進められている米アップルの研究開発施設「テクニカル・デベロ …

綱島駅東口と新綱島駅(仮称)周辺の再開発計画について、横浜市の素案を説明する会が昨日(2016年2月16日)19時から綱島地区センター(綱島西1)の体育館で開かれました。当初用意されていた200席が足りなくほどの住民が詰 …

アピタ日吉店に隣接する損保ジャパン日本興亜の「日吉センター」内で、傘下企業が運営していた「日吉計上センター」(箕輪町2丁目)が昨日2016年2月15日限りで閉鎖し、業務を横浜市内に移していたことがわかりました。これで日吉 …

“横浜”と日吉・綱島や新吉田などの地区を分断する鶴見川。港北区や鶴見区、都筑区で橋の間隔が長い場所のいずれかに新たな橋を架けるべきではないかとの議論が浮上しています。横浜市は2016年度の予算で初めて調査費として300万 …

日吉5丁目の「日吉グリーンクロスゴルフ練習場」や「日吉こども園」の近くにあった西松建設の日吉寮(社宅)が取り壊され、慶應義塾大学の留学生と日本人学生が共に暮らす「日吉国際学生寮(仮称)」として2017年3月にオープンする …

横浜市の2016(平成28)年度予算では、新綱島駅(仮称)周辺地区の土地区画整理や市街地の再開発事業関連で約5億5000万円規模の予算が計上されていることがわかりました。 このほど発表された都市整備局による予算概要では、 …

パナソニック工場跡地でも小学校の建設を検討していた――。現在、米アップル社の研究開発所の建設などが進む「Tsunashima(綱島)サスティナブル・スマートタウン」(綱島SST、綱島東4のパナソニック跡地)ですが、横浜市 …

横浜市建築局は、箕輪町2丁目のNRI野村総研日吉データセンター跡地に建設予定の新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」(2020年4月開校予定)について、学区は「平成28年度以降に検討を進める予定」とし、クラス数につい …

古くから日吉に事業所を設けてきた野村総合研究所(NRI野村総研、箕輪町2)が昨年(2015年)末で撤退していたことがわかりました。2016年2月1日現在は残務処理が行われている状態だといいます。 旧アピタ日吉店などが建つ …

横浜市は綱島駅東口と新綱島駅(仮称)付近の再開発計画について、市の素案を説明する会を2016年2月16日(火)19時から綱島地区センター(綱島西1)で開くと発表しました。 綱島駅の東口では、相鉄・東急直通線と新綱島駅の建 …

アピタ日吉店跡地や損害保険ジャパン日本興亜の事務センター、NRI野村総合研究所のオフィス・寮(箕輪町2)の再開発地域に建てられる新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」(2020年4月開校予定)については、NRI野村総 …

「ハートでつながる わたしたちのまち」区民文化センター建設に向けて――2019年4月完成予定の新綱島駅の再開発ビルに横浜市が整備を予定する「港北区区民文化センター」について、最終回となる第4回目の基本構想検討委員会が20 …

カテゴリ別の記事一覧