<記事ランキング>日吉駅前で交通規制実験、イベントなど新横浜の話題

横浜日吉新聞
ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今週もっとも読まれた記事は今月(2022)11月15日に公開した「日吉駅前で交通環境は変わるか、『一方通行』社会実験を12月9日・10日に」の記事でした。

ランキング今回は今月(2022年)11月11日(金)から17日(木)までの7日分を集計対象とし6万7086ページが表示されています。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は記事公開日と表示回数(ページビュー=PV)

  1. 日吉駅前で交通環境は変わるか、「一方通行」社会実験を12月9日・10日に(11月15日、6,186)
    → 日吉駅前の商店街側は道路の幅が狭く、歩行者と自動車・バスなどが混在して歩きづらいという課題が長年横たわっていました。ただ、市としては建物が密集している状況で再開発に踏み出すのは難しいとの認識で、まずは交通規制の実験を行ったうえで、その後に本規制も検討していく考えです
  2. 実は「高速バス」乗車にも便利な新横浜、羽田空港や草津・軽井沢へ路線(11月11日、5,973)
    → 来年3月に日吉や綱島から近くなる新横浜の話題です。新横浜駅でのバスへの乗り換えは、横浜駅などの大型ターミナルとは違って目の前にあってバリアフリー対応もされていて便利です。この点、大倉山に本部を置く高速バスマーケティング研究所の方に以前教えていただき気付きました。新横浜線の開業後はさらなる高速バスの新規乗り入れも期待されています
  3. 11月23日(水・祝)に「ふるさと港北ふれあいまつり」「ヨコアリくんまつり」(11月16日、4,049)
    → 港北区の区民祭りである「ふるさと港北ふれあいまつり」と、横浜アリーナの地域イベント「ヨコアリくんまつり」と共に3年ぶりにリアル開催されます。これまで港北ふれあいまつりは新横浜の少年野球場を会場としていたため、雨天中止の懸念が常にありましたが、今回から横浜アリーナが会場となり、天気の心配がなくなっています
  4. 慶應チャレンジャー、11月13日(日)の「女子決勝」へ日吉で熱戦、テニス講座も(11月10日、1,616)
    → 2週連続でランキング登場です。3年ぶりに有観客で10月30日から慶應日吉キャンパスで始まった国際テニス大会「横浜慶應チャレンジャー」は、11月11日の女子決勝戦で無事終了となりました。男女ともシングルスはトップシードの選手が優勝しています
  5. <東急新横浜線>乗務員の“訓練運転”を開始、日中に最大40往復(11月4日、952)
    → 2週連続でランキング登場です。10月下旬から「検査」のための列車運転試験が始まり、11月3日からは乗務員訓練を目的とした「習熟運転」が1日40往復ほど行われています
  6. 港北区内の商店街を巡る「ちょいより散歩」、2022年は紙のスタンプラリーで(11月9日、945)
    → 2週連続でランキング登場です。12月4日(日)まで区内商店街で実施中のスタンプラリーを紹介しています
  7. 綱島・大曽根・樽町・師岡ぐるみのイベントが盛況、ケアプラザ20周年で(11月14日、591)
    → 11月13日(日)に行われた樽町地域ケアプラザの開所20周年を祝う記念事業「キララまつり」は、地域の自治会・町内会はじめエリア内の関係団体や組織の人々も集い、盛大な祭りとなっていました。事前の告知をケアプラザ広報や周辺地域のみに控えたものの、地元小学校の児童を中心に家族連れが多く訪れ、大きく賑わいました。地域の「コミュニティ拠点」としての役割をこれからも維持・強化していくことが望まれます
  8. 横浜大さん橋→東京竹芝、大型船「夜景クルーズ」が期間限定1000円に(9月28日、547)
    → 4週連続でランキング登場です。伊豆大島からのフェリー便を使った秋のユニークな行楽場所として紹介したもので、来年4月2日まで横浜→東京間の運賃が1000円に割引されています
  9. 臨港バスの“すみっコぐらし号”が終了、11月19日(土)に駒岡車庫で撮影会(11月17日、485)
    → 3年前の2019年11月から臨港バスで始まったラッピングバスは、当初1年間の予定で運行されるしたが、人気を集めたため現在まで延長され、3年で終わることになりました。きょうトレッサ近くの“駒岡車庫”で10時から15時まで撮影会も催されます
  10. 横浜市独自の「旅行費補助」は11月から割引率拡大、来年2月まで使用可(10月28日、425)
    → 久しぶりのランキング登場です。横浜市独自の旅行費補助「Find Your Yokohama(ファインド・ユア・ヨコハマ)」は、11月18日時点で「宿泊クーポン」の配布はほぼ終了していますが、「日帰り観光」の一部では割引購入が可能です

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら

※PV数はすべて米グーグルのサービス「Googleアナリティクス(Google Analytics)」の解析による推計値です


カテゴリ別記事一覧