港北区内の商店街を巡る「ちょいより散歩」、2022年は紙のスタンプラリーで

横浜日吉新聞

この秋、港北区内に11カ所ある商店街をめぐってみませんか。

港北区と区内の商店会で組織する港北区商店街連合会(区商連、酒井誠会長)は、11の商店街から参加している店舗をめぐるスタンプラリー「ちょいより散歩」を今週(2022年)11月11日(金)から12月4日(日)まで行います。

2022年は11月11日(金)から12月4日(日)まで行われるスタンプラリー「ちょいより散歩」のリーフレット

同商店街連合会では、2015(平成27)年から各商店で飲食物のサービスを受けながら秋の1日に区内をめぐるウォーキングイベント「ちょいつまみウォーク」を開いて人気を集めていましたが、新型コロナウイルス禍を機にイベント内容を変更

2020年と21年は国による「Go To商店街」の制度を使ってスマートフォンによるデジタルスタンプラリーの形で行われてきましたが、今回は「紙」のスタンプラリーとなりました。

今年は「紙」のスタンプラリーとなった(リーフレットより)

スタンプ台紙の付いたリーフレットを港北区役所や区内の地区センターなどで入手し、スタンプが置かれた区内78店舗から9個のスタンプを集めると「A賞(ロボット掃除機など)」、6個だと「B賞(ドライヤーや割引券など)」、3個では「C賞(割引券ほか)」といった形で抽選に応募が可能という仕組み。

リーフレットにはスタンプ台紙と参加店舗の一覧が掲載されている(同)

集めたスタンプカードは、裏面に必要事項を記入し、12月5日(月)までに郵便で応募(郵送料は不要)する形となります。

スタンプは、綱島商店街(19店)や菊名東口商店街(16店舗)、大倉山商店街(12店舗)、妙蓮寺商店街(8店舗)、南日吉商店街(7店舗)、日吉商店街(6店舗)などの店舗を中心に置かれる予定です。

港北区内にある商店街の位置図(同)

)この記事は「横浜日吉新聞」「新横浜新聞~しんよこ新聞」の共通記事です

【関連記事】

・【前回記事】綱島・日吉・大曽根・高田で街あるき、12/26(日)まで「ちょいより散歩」(2021年11月30日)

・【過去の開催形態】<参加レポ>超人気の港北区「商店街ちょいつまみウォーク」はどんなイベントなのか?(2016年11月27日)

【参考リンク】

令和4年度「こうほくの商店街 ちょいより散歩」の案内ページ(港北区)


カテゴリ別記事一覧