[PR]綱島で「ヨーヨー」の夢と楽しさを、“休日メイン営業”の新店オープン

横浜日吉新聞

法人サポーター会員によるPR記事です】ヨーヨーの夢と楽しさを伝えたい――店主の夢が結実し、生涯「初」となる新店を綱島にオープンすることになりました。

夢だった「ヨーヨーショップやうやう」の開店準備を進めてきたいいづかともよさん。店の入り口はコーポレートカラーである藍色をベースに仕上げている。店舗内にカフェとしてのサービスも提供予定(10月21日)

夢だった「ヨーヨーショップやうやう」の開店準備を進めてきたいいづかともよさん。店の入り口はコーポレートカラーである藍色をベースに仕上げている。店舗内にカフェとしてのサービスも提供予定(10月21日)

あす(2022年)11月3日(木・祝)13時に、綱島西6丁目に新たにオープンすることになった「ヨーヨーショップやうやう」は、ヨーヨー全国大会(女性部門)3連覇を達成したヨーヨーパフォーマー・いいづかともよさんが運営。

自身、小学生時代に初めて出会ったヨーヨーの楽しさ、ワクワク感子どもたち、そして世代を越えた大人たちにも伝えたいという想いを抱いているといういいづかさん。

今回店舗で取り揃(そろ)えたヨーヨーなどの商品数は約85種類、約500個

子どもたちが楽しめる初心者向けのアイテムから、大会を目指す上級者向けの商品なども幅広く取り扱う予定です。

約85種類もの商品展示をアレンジ思案中のいいづかともよさん。店内は白とグレーのツートンカラーで落ち着いた雰囲気を演出している

約85種類もの商品展示をアレンジ思案中のいいづかともよさん。店内は白とグレーのツートンカラーで落ち着いた雰囲気を演出している

また、ヨーヨー以外にもけん玉やスピーディキューブといった老若男女問わず楽しめる玩具を取り扱うほか、「ほっとした時間も過ごしてもらえれば」とカフェ空間としてのサービスも提供する予定。

初めての方からエキスパートを目指す方まで技を磨き楽しむことができるヨーヨー教室ワークショップの開催も計画しているとのことです。

いよいよ迫るオープンに向けての準備をすすめるいいづかさんは、「横浜・綱島に、“生涯の夢”だったヨーヨー店を出店できることを大変嬉しく思っています」と、先月20日に内装工事を終えた店内でその喜びと感動を語ります。

子どもから大人まで楽しめるヨーヨーや玩具も取り扱う予定

子どもから大人まで楽しめるヨーヨーや玩具も取り扱う予定

まずはヨーヨーに触れて、その楽しさを体験してもらえれば。上級者には、さらに“技”を磨くことでのアイテムについてもご相談いただければ」と、ヨーヨーの“一流”といわれるスタッフが着任し、エキスパートとして活躍してもらうことを想定し、準備を進めていると明かします。

多く引き合いがあるというヨーヨーの出張講座イベント出演などにも今後も継続して対応していく予定とのことで、いいづかさんは、「子どもから大人まで、世代を超えてヨーヨーに親しみ、ふれあう楽しさを感じてもらえる場をご用意しました。特に地元の皆様にはまずは新しいショップにお立ち寄りいただければ」と、港北区や横浜・川崎、首都圏近郊からの多くの来店を呼び掛けています。

上級者向けの「ヨーヨー」も販売予定。「大切に取り扱っていきたい」と感じているという

上級者向けの「ヨーヨー」も販売予定。「大切に取り扱っていきたい」と感じているという

なお、いいづかさんは、社会保険労務士(スピカ社会保険労務士事務所代表=綱島西6)としても活動をおこなっていることから、同店の営業は、土・日・祝日をメインに11時から19時までおこなわれる予定とのこと。

当店サイトやSNSで営業日時を確認の上ご来店ください」(いいづかさん)とのことです。

※ 記事の掲載内容については、直接「ヨーヨーショップやうやう」にお問い合わせください。

【関連記事】

[PR]<綱島拠点の飯塚さん>社労士動画再生が3万回超、ヨーヨー全国3連覇にも挑む(2022年6月3日)※いいづかともよさんは全国3連覇を達成

まちの“素敵な”取り組み募集、港北区が「あなたのイイね」コンテスト(2022年10月3日)※いいづかともよさんの活動事例も紹介

[PR]「ヨーヨー」全国優勝の社労士が綱島に本拠地移転、さらなる地域密着を志す(2021年1月19日)

【参考リンク】

横浜・綱島ヨーヨーショップやうやうのサイト

スピカ社会保険労務士事務所のサイト

法人サポーター会員:スピカ社会保険労務士事務所・ヨーヨーショップやうやう提供)


カテゴリ別記事一覧