綱島地区センターが3年ぶり「文化祭」、プレイベントや物産展も

横浜日吉新聞

綱島の街に「3年ぶり」の文化祭が戻ってきます。

綱島地区センター(綱島西1)では、第32回目となる「文化祭」を、今週末(2022年)10月22日(土)9時から17時まで、翌23日(日)は9時から15時まで開催。

3年ぶりの開催となる「綱島地区センター文化祭」はあす10月20日(木)と22日(土)、23日(日)に開催される(同館サイト)

3年ぶりの開催となる「綱島地区センター文化祭」はあす10月20日(木)と22日(土)、23日(日)に開催される(同館サイト)

プレイベントとして、あす10月20日(木)には「健康づくり体験広場」イベントもおこないます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、2019年の第31回開催を最後に、2年間文化祭をおこなうことができなかった同地区センター。

コロナ禍の影響で、特に展示については作品数なども少ない状況(同地区センターの担当者)となっているものの、2階の会議室では和裁着物古文書の展示、工芸室では筆ペン絵手紙俳句染色小物、娯楽コーナーではかな書道の展示がおこなわれる予定です。

体育室では、プレイベントとなる10月20日の「健康づくり体験広場」に、ベビーヨガ太極拳シルバー健康体操のグループがそれぞれ登場(参加申し込みは要問合せ)。

会場(展示)案内図。ソーシャル・ディスタンスを保ち規模を縮小しての開催となる(同)

会場(展示)案内図。ソーシャル・ディスタンスを保ち規模を縮小しての開催となる(同)

22日(土)にはウクレレフラダンスジャズダンス津軽三味線カラオケの利用者グループが成果を披露する予定です。

最終日の23日(日)には詩吟コーラス韓国舞踏やカラオケ団体が登場するプログラムとなっています。

前庭では、綱島地区と10数年来の交流があるという長野県中野市から直送される特産品の果物や野菜を販売する「物産展」を22日(土)10時から開催(売り切れ次第終了)。

リサイクル品を集めた「リサイクルコーナー」も同日10時から前庭に設置、23日(日)10時から12時までは、1階の小会議室に「楽しく学べるパソコン教室」の参加体験コーナーも設けられる予定とのことです。

「コロナ禍」以前に大いに盛り上がった第30回の記念開催時(2018年)。体育室の一般利用はほぼ「コロナ以前」まで戻ってきているという

「コロナ禍」以前に大いに盛り上がった第30回の記念開催時(2018年)。体育室の一般利用はほぼ「コロナ以前」まで戻ってきているという

3年ぶりとなる開催について、「『綱島新時代、はばたけ文化の街へ』をテーマに、各参加予定団体の皆さんが作品の制作や演技の向上に向けたレッスンに励んでいました」と担当者。

従来の文化祭よりも規模を大幅に縮小しての開催となりますが、「感染症対策を充分におこなっての開催となりますので、ぜひお越しいただければ」(担当者)と、地域ぐるみでおこなわれる“文化祭”への久しぶりの来場を広く呼び掛けています。

【関連記事】

30周年の綱島地区センター「文化祭」は10/26(金)から3日間、記念企画も(2018年10月24日)

綱島を花と緑で彩る「つなつな通信」を発行、2年間330人超の“つながりづくり”も(2022年4月14日)※「つなつなプロジェクト」は綱島地区センターが活動拠点(事務局)となっている

<レポート>200人超が “肝試し”、綱島・大曽根・樽町地区で3年ぶり「お化け大会」(2022年8月23日)※3年ぶり開催で大いににぎわった

【参考リンク】

綱島地区センター公式サイト(一般財団法人こうほく区民施設協会)※「文化祭」の詳細やアクセスなど


カテゴリ別記事一覧