日吉の本だなに「まちの先生」がやってくる、あやとりとおりがみのミニ体験会

横浜日吉新聞

「日吉の本だな」の夏休み特別企画として、「まちの先生」が初めてやってくることになりました。

日吉駅前の慶應義塾大学日吉キャンパス協生館内(日吉4)の図書取次所「日吉の本だな」では、今年8月の2日間、港北区区民活動支援センター(港北区役所内、大豆戸町)による「港北区『まちの先生』ミニミニ体験会」を開催します。

8月8日と22日の月曜日におこなわれる「港北区『まちの先生』ミニミニ体験会」の案内チラシ(主催者提供)

8月8日と22日の月曜日におこなわれる「港北区『まちの先生』ミニミニ体験会」の案内チラシ(主催者提供)

来週8月8日(月)には「あやとり」の先生としてあやとりサトシさん8月22日(月)には「おりがみ」の先生として大島千明(ちあき)さんが来訪。

両日とも13時10分から14時まで小学生を対象に、各4人ずつ10分ごとの入替制で「ミニミニ体験」をおこないます。

当日は、13時から整理券を配布。密を避けるために少人数、短時間でおこなうのがポイントとなっています。

港北区「まちの先生」とは、さまざまな知識や経験、技能を持つ、ボランティア活動に意欲のある人が登録する制度となっており、“何かを学びたい”といったグループや団体、施設などからの依頼に応じて同センターが紹介している制度。

8日に登場予定の「あやとりサトシ」さんは、現在、小学2年生国際あやとり協会(本部:米カリフォルニア)発行の「あやとり教室指導員」の資格を世界最年少で取得したといい、横浜市では唯一の取得者(世界認定者17人、2022年7月現在)とのことで、出来るあやとりは700種類以上。自分で考えた創作あやとりは200種類にも及ぶといいます。

「港北区『まちの先生』は、区民同士が教え合い、学び合う制度となっている(まちの先生ガイド登録者一覧リスト、港北区サイト)

「港北区『まちの先生』は、区民同士が教え合い、学び合う制度となっている(まちの先生ガイド登録者一覧リスト、港北区サイト)

22日に登場する「おりがみ」の先生・大島千明さんは、区内施設でのボランティアや、地区センター、学童保育での折り紙教室などもおこなっており、「日本折紙協会」(東京都墨田区)の認定講師とのこと。

地域振興課の小松高志さんは、「夏休みらしく子どもたちに楽しんでもらえるよう企画しました。あやとりやおりがみの“技(わざ)”を、まずは一つ身につけてみませんか」と、当日の「ミニミニ体験」受講を広く呼び掛けています。

【関連記事】

「日吉の本だな」で街と人をつなぐ、月2回活動支援の“出張窓口”設置へ(2022年2月8日)

図書取次所「日吉の本だな」、地域の歴史に関する書籍や写真などを企画展示(2022年3月25日)

待望の「図書取次所」が日吉駅前にオープン、新たな“知の拠点”に期待感(2022年1月20日、今から2カ月ほど前にオープンしたばかり)

大倉山記念館オープンデイは2/9(日)、自由参加できる「まちの先生」講座も(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年2月4日)

【参考リンク】

港北区「まちの先生」(横浜市港北区)

日吉図書取次所(愛称:日吉の本だな)(同)※アクセスなど


カテゴリ別記事一覧