<神奈川県>PCRなどの「無料検査」を再開、感染レベル引き上げで

横浜日吉新聞

ドラッグストアや薬局などでPCRや抗原検査を誰でも無料で受けられる「一般検査」について、神奈川県はきのう(2022年)7月13日(水)から再開したと発表しました。

6月13日に「レベル1」に下げられたばかりだったが1カ月で引き上げられた(県サイトより)

県内では昨年(2021年)12月28日から県内のドラッグストアや薬局などで無料検査が行われてきましたが、先月6月13日に県が新型コロナウイルスの感染数や医療のひっ迫状況など示すレベル分類を「レベル1(維持すべきレベル)」に引き下げたことを機に、6月末で終了していました。

ただ、今月に入ってからは感染者数が急増しており、県がきのう7月13日からレベル分類を「レベル2(警戒を強化するべきレベル)」に引き上げ、無料の一般検査を再開することを決めたものです。

6月末で終了していた無料検査も7月13日から再開した(同)

無料検査は、希望する県民を対象に「PCR検査」か「抗原定性検査」のどちらかを無料で受けることができ、現時点では8月末まで行われる予定となっています。

なお、無料検査を実施しているドラッグストアや薬局は県のサイト内で検索することができ、港北区内では7月13日時点で27店が登録されていました。

)この記事は「横浜日吉新聞」「新横浜新聞~しんよこ新聞」の共通記事です

【関連記事】

<神奈川県>コロナの状況は5か月ぶり「レベル1」、入院数減少で(6月13日)(2022年6月14日、わずか1カ月でレベルが2に上がった)

神奈川県が無料「PCR検査」「抗原検査」を開始、薬局などの登録事業者で(2021年12月29日、6月末で終了したが再開)

【参考リンク】

神奈川県「検査無料化事業について」(2022年7月13日から一般検査を再開)

神奈川県「無料検査を実施している事業者一覧」(検索や市区ごとに一覧表示も可能)

横浜市内の「無料検査を実施している事業者一覧」(神奈川県)

港北区の「無料検査を実施している事業者一覧」(神奈川県)

【無症状者対象】横浜市内で無料検査を実施している事業者のご案内(新型コロナウイルス関連)(横浜市)

発熱等の診療・検査が可能な医療機関(横浜市 新型コロナウイルス感染症関連)(横浜市)


カテゴリ別記事一覧