<記事ランキング>箕輪町高架下の「遊び場」、桜の開花&桃の花ライトアップなど

横浜日吉新聞
ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。もっとも読まれた記事は先月(2022)3月29日に公開した「<東急線>箕輪町高架下の「遊び場」が元の場所に、4月1日から復活オープン」の記事でした。

ランキング今回は先月(2022年)3月25日(金)から31日(木)までの7日間を集計対象とし6万4044ページが表示されています。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は記事公開日と表示回数(ページビュー=PV)。

  1. <東急線>箕輪町高架下の「遊び場」が元の場所に、4月1日から復活オープン(3月29日、3,336)
    → 東横線の高架下は公園的な「広場」として東急電鉄から箕輪町町内会に貸し出され、近くの保育園児らの遊び場となっていましたが、地下に相鉄・東急直通線の「綱島トンネル」を掘るため約400メートルほど離れた綱島側の線路脇に仮移転していました。工事が一段落したことから、日吉寄りの元の場所に戻って再オープンしたものです
  2. 日吉・綱島・高田周辺で2022年の「桜」が見ごろを迎える(3月27日時点)(3月28日、2,934)
    → 今週3月27日(日)時点で日吉・綱島・高田周辺の30カ所の開花状況を写真でお伝えしました。天気がいまいちで風が吹いたこともあって4月1日(金)時点では散り始めていますが、何とかまだ見ごろとなっている場所が多い状態です
  3. 新綱島駅の工事機材でライトアップ、綱島の歴史伝える「桃の花」が満開に(3月29日、2,909)
    → 新綱島駅の裏手にある古民家「池谷(いけのや)家」付近にある桃畑では、昨年に続いてライトアップが行われています。大正期には「東の神奈川、西の岡山」と言われるほどの桃産地だった綱島の歴史に触れることができます
  4. <2022年の公示地価>綱島東の住宅地が高い上昇率、西口駅前の商業地も(3月24日、1,521)
    → 2週連続でランキング登場です。毎年1月1日時点で調査した「公示地価」がこのほど公表され、新型コロナ禍の影響を受けながらも綱島東4丁目や綱島東1丁目など再開発が進展する綱島東エリアの住宅地で高い上昇率となっています
  5. プラウドシティが完成で敷地を開放、地域・区・小学生が「樹木札」で街を彩る(3月30日、1,455)
    → アピタ日吉店など3つの跡地における再開発「プラウドシティ日吉」が完成し、中央部の広場も含め今週3月28日に全面開放となりました。2016年3月に始まった3つの建物解体から6年、長かった工事もようやく終わりました。ただ、3つの棟で最大の539戸規模となる「レジデンスⅢ(3)」の入居作業が6月末ごろまで続く予定で、最終的な“まちびらき”まではもう少しかかりそうです
  6. <2022年4月人事異動>港北区長が1年で交代、新副区長も就任へ(3月30日、1,324)
    → 昨年3月に就任した鵜澤聡明区長ですが、わずか1年で交代となりました。同氏の出身母体である建築局のトップ(局長)に転じます。横浜市役所的な視点では「建築局に必要な人材なので返してもらう」ということのようです。わずか1年で重要な区長を代えるという市役所の理論。36万の住民が住んでいても、その代表者を選ぶことさえできない“ミニ市役所”の情けなさといえるでしょうか。横浜市は神奈川県からの「独立」を声高に叫んでいますが、ひとりの区民からするとまずは“馬車道(市役所)支配からの解放”を叫びたい思いです
  7. <2022年異動>日吉台、矢上、大曽根、新吉田第二の4小学校に新校長(3月31日、1,068)
    → 新年度ということで、役所だけでなく横浜市立の小学校・中学校・特別支援学校などでも人事異動が行われました。今年度は比較的異動が少ないという印象を持ちました。定期的な人事異動はやむを得ないのですが、役所も学校も最低2年は異動させないでほしい、と願うところです。コロコロ代えられる側も、代わられる側もあまり良いことはありません
  8. 「イラストが浮かび上がる」道路柵が完成、下田のバス通りに描かれた“新名所”(3月25日、938)
    → 下田小学校前のバス通りに「イラストが浮かび上がる」かのような道路の柵が完成しました。狭かった通学路の拡張にともなうもので、児童が考え描いた絵を参考に図案化されたとのことです
  9. 日吉・綱島・高田の「桜スポット」、駅近くや公園、並木など主要6カ所を紹介(2019年3月20日、849)
    → 3年前の2019年の記事です。日吉・綱島・高田の著名な桜スポットを紹介したものです。この頃はまだコロナ禍がなく、春恒例の「綱島桜まつり」が行われていたことを思い出しました
  10. まもなく見ごろ、日吉・綱島・高田エリア「桜スポット」の開花状況(3/23時点)(2021年03月24日、568)
    → こちらは昨年(2021年)春の情報です、見出しに年号を入れておかなかったため「誤読」が増えてしまったのか、それとも今年の「参考」として読まれたのか、どちらなのでしょうか

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら

※PV数はすべて米グーグルのサービス「Googleアナリティクス(Google Analytics)」の解析による推計値です


カテゴリ別記事一覧