<直通まで1年>東急・元住吉車庫に「相鉄」の車両やキャラ登場、早くも熱視線

横浜日吉新聞

相鉄・東急直通線の開業まで残り1年を切り、元住吉の車庫では「相鉄」の車両と初めてキャラクター「そうにゃん」も現れ、熱い視線を浴びていました。

相鉄と東急のキャラクターと両社乗務員らが元住吉車庫に集まった(3月31日)

東急電鉄と相鉄(相模鉄道)は、きのう(2022年)3月31日に「元住吉車庫(元住吉検車区)」(川崎市中原区木月3)で、両社の車両とキャラクター、来年3月開業予定の相鉄・東急直通線(新横浜線)へ相互直通する6社局などの車両が一同に揃ったメディアや関係者向けの撮影会を開き、車庫の周辺にも多くの人が集まりました。

相鉄・東急直通線(新横浜線)の開業まで残り1年となったことを機に行われた今回の撮影会では、現在はまだ東急線とは線路がつながっていない相鉄から同社の車両も元住吉車庫に登場。

相鉄の車両(右)や東急目黒線の新型車、東京メトロ南北線車両に加え、まだ営業運転していない都営三田線の新型車「6500形」(左)も登場

相鉄によると、車両は同社が持つ貨物線で厚木駅からJR相模線へ入れてJR貨物に引き渡して移動させたといいます。その後には相互直通する都営三田線や東京メトロ線内で検査や試運転などを行った後、元住吉車庫まで走行してきたものとみられ、同社は「線路はどこかで必ずつながっているもの」と説明していました。

相鉄と東急の車両に加え、すでに東急東横線や目黒線と相互直通している東京メトロの南北線や東京都交通局の三田線東武東上線埼玉高速鉄道の6社局に加え、相鉄・東急直通線には乗り入れない西武鉄道の車両もあわせて7社局の車両が一堂に並び、東急の「のるるん」相鉄の「そうにゃん」という両社のキャラクターによる撮影会となっています。

撮影会後も元住吉車庫の片隅では、話し込んでいるかのような姿が見られた相鉄の「そうにゃん」と東急の「のるるん」、来年3月以降はタッグが増えそう

東急線内で相鉄の車両が昼間に現れるのはめずらしく、撮影会には40社60人を超えるメディア関係者が参加したほか、乗り入れ予定各社局の担当者らも訪れました。

撮影会には40社60人を超えるメディア関係者が訪れていた

元住吉車庫の様子が見える木月四丁目交差点近くの尻手黒川道路沿いには、撮影会の情報を知った鉄道ファンらが30人以上が集まり、フェンス越しに写真に収めるなど注目を集めていました。

尻手黒川道路沿いにも撮影会の開催を知った多くのファンの姿が見られた

【関連記事】

東急新横浜線の開業は「2023年3月」、日吉~新横浜間は1時間に6本(2022年1月27日)

来年3月「新横浜線」開業に向け、相互直通の目黒線と地下鉄は8両に増強(2022年1月28日)

【参考リンク】

相鉄・東急直通線について(東急電鉄)

相鉄「都心とつながる(都心直通プロジェクト)」(路線図なども)


カテゴリ別記事一覧