紅白丸餅3000個やお菓子を“素手”でキャッチ、新吉田で新春祝う「餅投げ大会」

横浜日吉新聞

「素手でキャッチ」してケガがないように――新年を祝う2日間のイベントが、近隣店舗の後援もあり盛り上がりそうです。

来年(2022年)1月2日(日)・3日(月)11時30分(参加受付は11時)より開催される「新春餅投げ大会」の案内チラシ(主催者提供)

来年(2022年)1月2日(日)・3日(月)11時30分(参加受付は11時)より開催される「新春餅投げ大会」の案内チラシ(主催者提供)

新吉田東5丁目の「お酒のアトリエ吉祥(KISSYO)」などを経営する株式会社よつや(新吉田東4、坂田真一社長)と新羽駅前の食品スーパー「ローヤルよつや」(新羽町)を運営する株式会社ローヤルよつや(新吉田東4、大久保直樹社長)は、来年(2022年)1月2日(日)と3日(月)の各日11時30分から11時55分まで(参加受付は11時より)、新年を祝う「よつやグループ餅投げ大会」を開催します。

綱島駅から路線バスで10分弱の「四ツ家」バス停近くにある「お酒のアトリエ吉祥」新吉田本店前の駐車場で行われるもので、各日、小学生以上の先着250人までが参加可能となっており、参加費は無料となっています。

「参加者へのお願い」として、新型コロナウイルス感染症対策としてのマスク着用や当日会場での消毒検温への協力が必要となるほか、撒かれる予定の餅や菓子などは「素手で取る」こと(バックや帽子などでの受け取りは不可)、ゆずりあいの気持ちを持つこと、またケガがないように注意するよう呼び掛けており、「自己責任のご理解の上ご参加ください」(株式会社よつやの広報担当者)としています。

新吉田東5丁目の「お酒のアトリエ吉祥本店」の駐車場が会場となる

新吉田東5丁目の「お酒のアトリエ吉祥本店」の駐車場が会場となる

今回の実施に際しては、隣接するクリエイトエスディー港北新吉田店(新吉田東4)や、「ひげのぱん屋」を経営する株式会社ゆめ酵母(新吉田東5、横澤詔子社長)も後援しているとのことで、「紅白丸餅3000個を用意したほか、近隣店舗の皆様の後援によるお菓子なども各回ごとに準備しています」(同担当者)とのこと。

「近年は見かけることがほとんどなくなってしまった『餅投げ』ですが、懐かしさを感じ、また、初めての方も一緒に楽しんでもらえたら」と、当日の参加を呼び掛けています。

【関連記事】

新吉田小が50周年ウイーク、「しんよしだくん」パン販売や記念行事も(2021年11月18日)

日吉・綱島のテイクアウト出店も、新吉田で「飲食店応援プロジェクト」(2020年5月11日)

新吉田の新春を「餅まき大会」で祝う、1/2(木)に吉祥本店前で(2019年12月28日)※過去開催時は「餅まき大会」(いずれも同じ意味とされる)としていた。日数、人数も今回が多くなっている

綱島からバス10分、四ツ家で5/19(日)に朝市や屋台出店の「感謝祭」(2019年5月16日)

【参考リンク】

お酒のアトリエ吉祥 新吉田本店の案内(餅投げ大会の会場)


カテゴリ別記事一覧