"日吉村"を感じて古刹を巡る、10/20(水)にウォーキングツアー | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

かつての“日吉村”を体感できるツアーとなりそうです。港北ボランティアガイドの会は今月(2021年)10月20日(水)「横浜と川崎のはざまを歩く」と題したウォーキングツアーを企画し、日吉駅から南加瀬(川崎市幸区)方面の史跡群を巡ります。

10月20日(水)に行われる「横浜と川崎のはざまを歩く」の案内チラシ(港北ボランティアガイドの公式サイトより)

今回のツアーでは、9時30分に日吉駅を出発し、慶應日吉キャンパス内の「弥生式竪穴住居址」を経て、“日吉宮前地区”方面へ歩き、「熊野神社・浅間神社」(日吉5)を散策。

横浜と川崎を隔てる矢上川を渡って、川崎市幸区に入ると「寿福寺」(北加瀬1)や「天照皇大神(てんしょうこうたいじん)」(南加瀬1)を経て、今度は幸区の「浅間神社・熊野神社」(北加瀬1)へ。最後は「夢見ヶ崎動物公園」(南加瀬1)で解散となります。

2つの地区は現在、横浜市港北区と川崎市幸区に分かれていますが、1937(昭和12)年までは「日吉村」という同じ共同体でした。村だった頃から点在する寺社を歩きながら、かつての一体性を感じてみたいところです。

日吉5丁目の“日吉宮前地区”にある「熊野神社」

参加費は500円、来週10月5日(火)までに同ガイド公式サイトのフォームなどから事前申し込みが必要。定員は50人で応募者多数の場合は抽選となります。

【関連記事】

<コラム>自らの利益のため「日吉村」を引き裂いた大都市横浜と川崎の罪(2016年1月3日、日吉村が横浜と川崎に分かれた経緯)

【参考リンク】

10月20日(水)開催「横浜と川崎のはざまを歩く」の案内ページ(港北ボランティアガイドの会)


カテゴリ別記事一覧