<記事ランキング>日吉で「レモン」育成、日吉・綱島で続く保育所問題 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)9月10日(金)から16日(木)までの7日間に11万7973ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、9月10日に公開した「日吉で新ブランド『ひよしれもん』、駅前喫茶店とプラウド内ショップが”夢育む” 」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 日吉で新ブランド「ひよしれもん」、駅前喫茶店とプラウド内ショップが”夢育む”(9月10日、3,941)
    → 日吉駅前で音楽レストランや喫茶「かなで」を営む経営者とプラウドシティ日吉内のグリーンショップが共同で、地域ブランドとして「レモン」の育成を始めました。早ければ来年(2022年)春頃にも約10個から15個程度のレモンの実が成る見込みとのことです
  2. 金融機関がひしめく「綱島駅前」、駅の東西に支店を置く大手銀行に変化(9月9日、3,046)
    → 2週連続ランキング登場です。普段はなかなか気付きづらいのですが、綱島は「4大都市銀行+横浜銀行+3つの有力信金」が駅の至近にひしめく便利な環境。ただ、窓口業務の縮小化傾向が強まっており、今後の行方は不透明な面もあります
  3. <記事ランキング>家電出店&人口急増「箕輪町2丁目」、綱島東駅前の再開発(9月11日、2,828)
    → 前回9月11日(土)の記事ランキングです
  4. 日吉駅前に「集団接種」会場、9/22(水)から夜19時半まで開設日も(9月7日、2,419)
    → 2週連続ランキング登場です。慶應日吉キャンパスの「協生館」の会場は、今週9月13日(月)に22日(水)~26日(日)分の接種受付が行われたのですが、朝9時の予約開始から20分ほどですべての枠が埋まっていました。次回は20日(月・祝)9時から翌週分の受付が始まります
  5. 日吉駅前の老舗「小型スーパー」閉店へ、建替え後もスーパー誘致の動き(8月26日、2,414)
    → 4週連続ランキング登場です。老舗の小型スーパー「ながえ」が営業しているビルは建設から半世紀以上が経っており、3年ほど前から建て替えの動きがありました。スーパーが9月14日(火)に閉店しており、今後は解体作業が始まるとみられます
  6. 2022年春も複数園を新設、日吉・綱島の「認可保育所」はそれでも足りない(9月15日、2,260)
    → 来年4月には日吉駅から徒歩4分ほどの「日吉2丁目」(定員70人)と「箕輪町1丁目」(定員70人)に認可保育所が新設され、さらに日吉駅近くでは小規模保育所を開設する動きもありますが、綱島も含め駅近くを中心にまだ保育所が足りない状況です。新たなマンションを建設する際は、戸数に応じて保育所確保を義務付けてもらいたいものです
  7. <横浜市>全ての小・中学校に1人1台のタブレット配備、ネット環境も刷新(2月15日、1,830)
    → 今年2月の記事ですが、3週連続ランキング登場です。9月の学校再開から分散登校(2日1回は自宅学習などの登校スタイル)が続いており、自宅にタブレット端末を持ち帰ったこともあって読まれ続けているようです。記事にあるように、横浜市では今年4月から小学校に「iPad」、中学校には「Google Chrome(グーグルクローム)端末」を全員分配備しています。なお、緊急事態宣言が9月末まで再延長となったため、10月1日までは分散登校が続く予定です。重要な秋の学校生活に支障を来すのはきわめて残念ですが、高田中学校のように「バーチャル修学旅行」を試した学校もあり、この機会に学校現場でもIT活用が進んでほしいと思います
  8. <連載コラム>良くも悪くも注目集める「横浜市」、山中新市長が始動(9月13日、1,626)
    → 8月30日に山中竹春新市長が就任し、初日の記者会見と9月10日の初議会までの動きをまとめました。IR(カジノ)の誘致活動はすぐに停止されたのですが、山中新市長が選挙中から訴えてきた「市立中学校での全員給食実施」「敬老パスの自己負担ゼロ」「中学卒業まで所得制限のない医療費補助」「出産費用ゼロ」をどう実現するか、また「瀬谷区の旧米軍跡地での園芸博開催・再開発をどうするか」「旧市庁舎(関内駅前)の売却をどうするか」といった論点があります。“反山中(自民党・公明党)”が多数を占める議会をどう突破するかも課題となりそうです
  9. 館内ウォーキングで新発見、トレッサが港北区と「雨の日でも歩こう」マップ(9月13日、1,536)
    → トレッサ横浜は、南棟と北棟をあわせて延床面積が約15万7000平方メートルあり、これは東京ドーム約3.3個分の広さ。夏も冬も冷暖房完備で雨の日も濡れないので、健康維持のため買物時などに館内を歩いてみてはいかがでしょうか。こんな店があったのか!という発見があるかもしれません
  10. 5年で3000人近く増加、日吉の「住民急増エリア」で見せつけた光景(9月6日、1,396)
    → 2週連続ランキング登場です。人口急増中の「箕輪町2丁目」に関する話題です。今回は選挙時の大混雑という現象でしたが、1つの村くらいの規模となる3000人~4000人が一つのエリアで新たに住み始めるのですから、さらに色んな課題も今後出てくる可能性があります

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧