<横浜市>12歳~64歳の「接種券」、6/23(水)から1カ月超かけて発送へ

横浜日吉新聞

12歳から64歳までの市民を対象とした接種券の発送スケジュールが決まりました。横浜市健康福祉局は、新型コロナウイルスワクチンの接種で、12歳から64歳までの市民約245万人分の接種券を今月(2021年)6月23日(水)から順次行うとの詳細スケジュールをきょう(6月16日)発表しました。なお、接種券が届いても、市の接種会場で接種が受けられるのは8月以降になるとのことです。

横浜市での「接種券」発送スケジュール(市の発表資料より)

接種券の発送は、来週6月23日(水)に「60~64歳」の市民約21万人分を皮切りに始まり、7月26日(月)までおおむね1週間ごとに「50~59歳(約59万人分)」「40~49歳(約56万人分)」「30~39歳(約44万人分)」「20~29歳(約41万人分)」「12~19歳(約24万人分)」の順に行われます。

ただ、接種券の発送は行われるものの、港北公会堂をはじめとした市の接種会場では、基礎疾患を持つ市民や高齢者施設などの従事者を優先して接種を実施する方針です。

そのため、市は「個別通知が届いても、本市の接種会場ではすぐに接種できません8月以降、あらためて、接種時期や予約に関する通知を送付するとともに、広報等で今後についてご案内していきます」としています。

接種に関する送付物のイメージ(PhotoACより)

一方、企業(職場接種)や大学などが独自に行う接種の対象者となっている場合は、市から届いた接種券や予診票をそのまま使うことが可能とのことです。

また、東京・大手町に設けられた「自衛隊 東京大規模接種センター(東京センター)」では、接種の予約対象者について、「18歳以上で地方自治体から送付された接種券を持っていること。今回が第1回目のワクチン接種であること」(6月16日現在)としており、18歳以上で接種券があれば予約が可能となっています。

【関連記事】

<横浜市長>感染状況は4項目で「ステージ3」、ワクチン予約は計画の8割超(新横浜新聞~しんよこ新聞、2021年6月15日、横浜市で65歳以上の予約は進んでいる)

<詳細案内>医科学センターでワクチン集団接種、新横浜駅から無料バスも(新横浜新聞~しんよこ新聞、港北区内で新たな集団接種会場も)

【参考リンク】

新型コロナウイルスワクチン接種についての特設ページ(横浜市)

新型コロナウイルスワクチン接種の個別通知(接種券)の発送スケジュールについて(横浜市健康福祉局、2021年6月16日)

自衛隊 東京大規模接種センター(東京センター)の予約・受付案内(東京・大手町、18歳以上で接種券があれば予約可能)


カテゴリ別記事一覧