綱島の古民家に「鯉のぼり」、鉄道開業控え"15年ぶり"に悠々泳ぐ | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

鉄道の開業を待つ綱島の古民家に、15年ぶりに「鯉のぼり」がたなびいています。

綱島の古民家・池谷家住宅に、15年ぶりに鯉のぼりが掲げられることになった。鉄道の開業を前に「変わりゆく街の風景として見てもらいたい」とのことから実現したという(4月19日、同家提供)

綱島の古民家・池谷家住宅に、15年ぶりに鯉のぼりが掲げられることになった。鉄道の開業を前に「変わりゆく街の風景として見てもらいたい」とのことから実現したという(4月19日、同家提供)

東急新横浜線・新綱島駅(2022年下期=同年10月~2023年3月末開業予定)にも近い綱島東1丁目の古民家で歴史的建造物の池谷(いけのや)家住宅では、今週(2021年)4月19日(月)から、15年ぶりに鯉のぼり(こいのぼり)を掲げる作業を行いました。

5人がかりでさお(竿)の設置から行ったという鯉のぼり。

長さ10メートル級だという吹き流しまごい(真鯉)ひごい(緋鯉)などが、日本の風物詩を感じさせるシーンを演出しながら、悠然と泳ぐシーンも時に見られます。

さおは半世紀以上も前に都筑区から贈られたものだといい、鯉のぼりはその後購入された「2代目」とのこと。

かつては、各農家などでも多くみられた鯉のぼりを、ここ綱島周辺でも見られる機会はすっかり減ってしまいました。鉄道の開業を前に、ぜひ変わりゆく綱島の景色の一つとして、また季節感を感じる風景としてお楽しみいただければ」(同家)と、公道からの「鯉のぼり鑑賞」を呼び掛けています。

池谷家住宅の敷地内への立ち入りは不可。「公道から眺めてもらえれば」とのこと(4月19日、同家提供)

池谷家住宅の敷地内への立ち入りは不可。「公道から眺めてもらえれば」とのこと(4月19日、同家提供)

古民家敷地内への立ち入りは不可となっており、鯉のぼりを掲げるのは朝時間帯から日没まで。雨天時や風が強く吹く日には掲げることができないとのこと。

ゴールデンウイーク(GW)期間中までは掲げます」(同家)との予定。

晴天時、特に適度に風が吹く日など、絶好の「鯉のぼり日和」となることを祈りたいものです。

【関連記事】

綱島の桃を「ぼんぼり」でライトアップ、医療・介護者への感謝で3/28(日)まで(2021年3月23日)

2021年も「最速」で桃が開花、綱島東の旧家・歴史伝える池谷家で(2021年3月15日)

【参考リンク】

池谷桃園のサイト ※池谷家は明治時代からの歴史を継ぐ桃農家として知られている

池谷桃園公式ツイッター


カテゴリ別記事一覧