<週間ランキング>東急新横浜線の工事動向、区の最新人口の記事など

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)4月2日(金)から8日(木)までの7日間で計14万7389ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、4月2日に公開した「<東急新横浜線>工事状況を『広報よこはま』が特集、公式サイトでも最新情報」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <東急新横浜線>工事状況を「広報よこはま」が特集、公式サイトでも最新情報(4月2日、17,324)
    → 東急新横浜線(日吉~新綱島~新横浜~相鉄線方面)の工事状況について、今月号の「広報よこはま」港北区版で特集しています。大半の工事が地下で行われており、なかなか見えづらいだけにタイムリーな特集ではないでしょうか。現時点で「綱島トンネル」(箕輪町~新綱島駅)がもう少しで貫通という状態で、他のトンネルはレールなどの構造物に関する工事が行われています
  2. 横浜市立の小中学校「入学式」は4/6(月)、「始業式」は4/7(火)に実施方針(3月24日、5,458)
    → こちらは昨年(2020年)の緊急事態宣言下で、入学式はどうなるのか、という状況下で掲載した記事でしたが、入学式の日程をネットで知りたいとのニーズが高かったようで、今年も多く読まれることになってしまいました。横浜市の公立小・中学校は、各校の事情(体育館が狭い、入学人数が多い、行事日程の都合など)に応じて入学式の日程を個別に決めていることもあって、2021年の入学式については記事にすることができず、結果として古い内容が読まれる形となってしまいました。各校の行事情報は今も「プリント」で個別に通知しているケースが多いのですが、参加できる保護者が1人に絞られたり、座席が抽選であったり、二部制となったりと、各校ごとに規制や約束事も多いだけに、ネットで日程や詳細を知りたいとのニーズも高いとみられます。セキュリティ面に配慮しながら横浜市教育委員会がまとめて情報を発信することに期待したいところです
  3. 7年半営業の”ドンキ日吉店”が3/28(日)に閉店、「営業戦略上の理由」(3月3日、4,348)
    → 6週連続でランキング登場となりました。“閉店ショック”はまだ続いている様子です
  4. 港北区の最新人口は「35万8600人超」、昨年秋の国勢調査で市が独自集計(4月5日、2,459)
    → 35万8600人という人口は、高知県の県庁所在地である高知市(32.5万)や、奈良県の県庁所在地・奈良市(35.4万人)よりも多いのですが、港北区は“行政区”という横浜市の簡易的な行政区分に過ぎないため、東京23区(特別区)のように区独自の区長選挙や議会もなく、区が独自に使える予算も限定的で、図書館も1館だけです
  5. 国際園芸博&大型テーマパーク構想の「瀬谷」、3年内には日吉・綱島の沿線(2020年7月27日、2,160)
    → 13週連続でランキング登場となりました。「新横浜線(相鉄・東急直通線)」の開業後は、日吉や綱島の“沿線”になるということで、瀬谷区にある旧米軍基地跡の動向を昨年夏にまとめた記事です。2027年3月に始まる「国際園芸博覧会」まであと6年、もしテーマパーク誘致に成功したとすれば、園芸博の開催後となります
  6. <2021年異動>日吉台中、樽町中、北綱島特別支援、日吉南小、北綱島小に新校長(3月31日、2,055)
    → 2週連続でランキング登場となりました。今年も各小・中学校では多くの教職員が新たに着任しました
  7. 国際プールで4/10(土)に竹灯籠まつり、「密」を避け幻想の世界へ(4月7日、1,650)
    → 今年も地域イベントが軒並み中止となるなかで、屋外ということもあり、北山田での恒例イベントは開催が決まっています。なお、竹灯籠まつりは小机も会場となっており、昨年秋に無事開催しています
  8. <コラム>”聖火”は車で運ぶ? 五輪の「聖火リレー」は綱島街道を走るのか(2019年6月21日、1,557)
    → 2年近く前の記事ですが、聖火リレーが全国で行われていることもあって再び読まれています。この記事を書いたころは、東京2020オリンピックへの期待も高かったのですが、新型コロナウイルスのせいで、すっかり冷や水を浴びせられた形です。なお、区内の日産スタジアム近くで6月30日(水)に行われる予定の聖火リレーは、若干距離が短くなっています。同日午前に等々力競技場と武蔵中原駅の間で予定されている聖火リレーは、今のところルートに変更はありません
  9. 過去最多の114会場が参加、2年ぶり「港北オープンガーデン」は4/12(月)から(4月5日、1,471)
    → 昨年は開催を断念せざるを得なかった恒例イベントですが、今年は原則「庭の外からの見学」という形で、来週4月12日(月)から開催される予定です。密となるような状態を避けるため、5月23日(日)まで1カ月以上にわたって開催期間が設定されています
  10. <横浜市>全ての小・中学校に1人1台のタブレット配備、ネット環境も刷新(2月15日、1,408)
    → 今年2月の記事ですが、再びランキングに登場しました。新型コロナ禍で危機感を持った国の方針もあって横浜市が迅速に対応し、新年度までに27万2000台という大量のタブレット端末を一気に市内公立学校へ導入しています。ただ、使用前の設定作業を市内499校でそれぞれ行わなければならないため、一部の学校では新年度すぐに活用ができない可能性もあるようです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧