[PR]綱島のハンドメイド店が「期間限定」営業に、花や人形イベント構想も

横浜日吉新聞
綱島西2丁目のハンドメイド店「M工房」は、これまで行ってきた常設のBOX販売を3月28日で終了、イベント時のハンドメイド品の「期間限定」での販売や教室運営などをメインに営業を行うことになった(M工房提供)

綱島西2丁目のハンドメイド店「M工房」は、これまで行ってきた常設のBOX販売を3月28日で終了、イベント時のハンドメイド品の「期間限定」での販売や教室運営などをメインに営業を行うことになった(M工房提供)

法人サポーター会員によるPR記事です】綱島のハンドメイド店が、イベント開催時の「期間限定」営業をメインに業態を転換、「花」にまつわる作品や、「人形」を楽しめるイベントの企画開催も視野に、新たな事業展開にチャレンジします。

綱島駅西口から徒歩約9分、イトーヨーカドー綱島店や綱島小学校から徒歩5分の場所にある手作り雑貨店「HANDMADE ART BOX(ハンドメイド・アートボックス)M工房」(綱島西2)は、今月3月28日(日)で、3カ月ごとに「場所」を提供してきたハンドメイド作家の常設スペースとしての作品販売を終了

ワイヤークラフト作家でM工房オーナーの小泉美菜さん。これからは「人形(ドール)」作品とのコラボレーションやイベント開催をメインに活動していきたいと意気込む(春の装いのフォトブース前で、M工房提供)

ワイヤークラフト作家でM工房オーナーの小泉美菜さん。これからは「人形(ドール)」作品とのコラボレーションやイベント開催をメインに活動していきたいと意気込む(春の装いのフォトブース前で、M工房提供)

4月以降は、イベント開催時など「期間限定」での営業をメインに、ハンドメイド教室がメインの「貸しスペース」なども視野に入れた、新たな営業スタイルに切り替わることになりました。

2004(平成16)年7月のオープン以来、16年を超える期間、まさに“老舗”のハンドメイド店として親しまれてきた同店。

同店のオーナーで、「日本ワイヤークラフト協会グランディール」認定講師(ワイヤークラフト作家)としても活躍している小泉美菜さんは、「これからは、自身、さらに挑戦したいと思ってきた“花”、そして“人形”に関する作品づくり、そしてその楽しさを共有したいと、今回の決断をするに至りました」と、幼少時から夢を描き歩んできたハンドメイドの世界の中でも、さらなる自分の夢を極めたいと願うようになった心境を語ります。

イベント第一弾は花を楽しむ「港北オープンガーデン」

これまで小泉さんが、ワイヤークラフト作品でも多く手掛けてきた“花”にまつわるイベント「春の期間限定営業~港北オープンガーデンとともに」を、4月29日(木・祝)から5月23日(日)まで開催する予定です(期間中15日間、詳細は4月発表予定)。

「港北オープンガーデン」に参加するM工房。イベント中盤以降、タイアップしてのハンドメイド品の期間限定販売を行う予定(M工房提供)

「港北オープンガーデン」に参加するM工房。イベント中盤以降、タイアップしてのハンドメイド品の期間限定販売を行う予定(M工房提供)

4月12日(月)から(5月23日まで)港北区内で行われる予定の「第9回港北オープンガーデン」(同運営委員会・港北区役所主催)イベントに同店も会場参加する予定となっており、「イベント中盤からになりますが、当店も小さな花壇で参加し、それとともに営業します」と、“地域イベント”を盛り上げることでの地域貢献を行う計画です。

街のコミュニティ花壇や個人宅の庭の花や緑を見て歩くイベントに、昨年(2020年)開催される予定だった第8回も初参加する予定だったものの、「新型コロナ禍」で開催が中止になってしまったという経緯もあり、「不定期でのオープンとなることもあり、ぜひ花や緑を楽しみながらお立ち寄りいただければ」と、地域エリアの散策も楽しみながらの来店利用を呼び掛けます。

「人形」の世界を綱島から発信、イベント開催も視野に

ドールの世界で人気が高い「プーリップ」人形を取り扱うグルーヴ社(東京都文京区)主催のイベント「ドールカーニバル」にも参加(2019年12月、小泉美菜さん提供)

ドールの世界で人気が高い「プーリップ」人形を取り扱うグルーヴ社(東京都文京区)主催のイベント「ドールカーニバル」にも参加(2019年12月、小泉美菜さん提供)

た、小泉さんが、さらに“極めたい”と感じるようになったのが、「人形(ドール)」の世界

2017(平成29)年に「人形」専門のハンドメイド催事に初出展して以来、「ワイヤークラフト作家として、人形とのコラボがとても楽しい幼少時から、人形遊びをして育ったからでしょうか」と小泉さん。

人形の世界は、「アクセサリー服飾ミニチュア家具ミニチュア食品など、ありとあらゆるハンドメイド作品のジャンルを楽しむことができる魅力があるのです」とその魅力を解説。

「日本ワイヤークラフト協会グランディール」の認定講師としても活躍している小泉さんは、ドール用家具もワイヤークラフトで製作している(M工房提供)

「日本ワイヤークラフト協会グランディール」の認定講師としても活躍している小泉さんは、ドール用家具もワイヤークラフトで製作している(M工房提供)

最近では、多く“大人たち”が魅了され、つい夢中になってしまうという、ハンドメイド界での「人形の世界」を、より楽しみながら、幅広く周辺地域に普及していきたいとの“夢”を熱く語ります。

開催時期は不定期にはなるものの、ハンドメイドの「人形」関連イベントは東京都内で開催されることが多いといい、「横浜市北部に位置するここ綱島で、新たに“人形”に特化したイベントを開催することで、身近な場所でその世界を存分に楽しんでもらえたら」と、着せ替え、インテリア、そして写真撮影と、幅広い楽しみ方での趣味となりうる人形の魅力を伝えていきたいと意気込みます。

教室や出張イベントで「作家」つなぐチャレンジも

入園入学グッズを中央テーブルにて2月から3月中まで展示・販売中(M工房提供)

入園入学グッズを中央テーブルにて2月から3月中まで展示・販売中(M工房提供)

常設スペースとしての「ハンドメイド作品」の販売こそ終了する同店ですが、小泉さんは、「これまで通り、またそれ以上に、スペース貸しによるハンドメイド教室や、“出張マーケット”として開催してきた外部でのイベントも継続・発展させたい」との想いを語ります。

「花」や「人形」を通じた作家との交流もより一層深めていきたいといい、「花や人形、そして自身の専門であるワイヤークラフトなどの教室やイベントも積極的に開催し、その魅力をさらに広げていければ」とのこと。

ワイヤークラフトの魅力は「自由に、様々なものを作り上げることができること」と小泉さん。花とのコラボも優雅に展開している(M工房提供)

ワイヤークラフトの魅力は「自由に、様々なものを作り上げることができること」と小泉さん。花とのコラボも優雅に展開している(M工房提供)

これまで以上に、ハンドメイド作家の「ハブ」としての存在感を高めることも視野に、小泉さんは日々の活動を行っていきたいとの想いを抱いているといいます。

同店のサイトやSNS(ツイッター、インスタグラム、フェイスブックページ、公式LINEアカウント)については、「スペース貸しでの教室運営や、期間限定での営業がメインとなるので、これまで以上にホームページや各SNSの情報をチェックしてもらえたら」と、新しい営業形態ならではの各ツールでの情報発信に努めていきたいと小泉さんは語ります。

人形とのコラボ作品も、これからさらに楽しみながら日々作りあげていく予定(M工房提供)

人形とのコラボ作品も、これからさらに楽しみながら日々作りあげていく予定(M工房提供)

「花」、そして「人形」ジャンルへの、新たな「人生の選択」に舵(かじ)を切るワイヤークラフト作家・小泉さん。

ハンドメイド作家たちの作品への想いが、どのように地域に伝わり、新たなファン層の開拓につながっていくのかにも注目が集まる日々となりそうです。

※ 記事の掲載内容については「M工房」に直接お問い合わせください。

【関連記事】

[PR]手作り雑貨の魅力あふれる、恒例・出張マーケットは11/15(日)に綱島で(2020年11月11日)

[PR]綱島のハンドメイド店が新体制で再オープン、新規作家7人のチャレンジも(2020年4月15日)

60人の手作り雑貨に出逢える綱島「M工房」、心に残る作品探す場に(2017年8月25日)※小泉さんの略歴など

【参考リンク】

横浜港北 手作り雑貨のギャラリーショップ HANDMADE ART BOX M工房公式サイト

法人サポーター会員:HANDMADE ART BOX M工房提供)


カテゴリ別記事一覧