<週間ランキング>日吉のドンキ撤退、周辺の閉店・出店動向などに注目集まる

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2021年)2月26日(金)から今月3月4日(木)までの7日間で計15万1823ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、3月3日に公開した「7年半営業の”ドンキ日吉店”が3/28(日)に閉店、『営業戦略上の理由』」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 7年半営業の”ドンキ日吉店”が3/28(日)に閉店、「営業戦略上の理由」(3月3日、16,646)
    → 7年半前の2013年10月に家電量販店の跡地に出店した「ドン・キホーテ日吉店」でしたが、撤退が決まりました。近年は屋上看板が明らかに色あせているのに、そのままにしていたという点は、一つの兆候だったのかもしれません。流通ジャーナリストの渡辺広明さんが指摘するように、現状から売上拡大が見込みづらいという点は、成長を続ける同チェーン内で生き残ることが難しかったといえそうです
  2. <日吉・綱島>2020年春から1年の閉店・出店動向、コロナ禍でも買物環境は維持(3月2日、7,163)
    → 2020年からの閉店や出店の状況をまとめました。新型コロナウイルスという異例の状況下にあっては、普段なら閉店する必要のなかった店まで撤退を余儀なくされたことが残念でなりません
  3. 恒例の「港北オープンファクトリー」、今年は3/10(水)から映像で”工場見学” (2月26日、5,343)
    → 近年は人気の高まりで抽選に外れることも多かった区内の工場見学企画。今年はインターネット上での開催となりました。来年以降のリアル見学に備え、動画を通じ学習しておきたいところです
  4. <週間ランキング>日吉に決まった「図書取次拠点」、箕輪町の地下道など(2月27日、2,393)
    → 前週2月27日(土)の「週間記事ランキング」です。多くの方に読んでいただきました
  5. <東急新横浜線>日吉の中学生がイラストで彩る、箕輪町に新「地下道」を整備(2月24日、2,256)
    → 2週連続でランキング登場となりました。綱島街道の箕輪町バス停付近の綱島街道と山側の箕輪町3丁目を横断するための地下通路が今後設けられる予定です。なお、山側の箕輪町3丁目からは、コーエーの「ジェミニビル」脇を通り抜けて日吉駅へアクセスできる歩行者用通路も計画されており、綱島街道へ出なくても日吉駅へ行けるようになる予定です。箕輪町3丁目から日吉駅側へは、“山道”を超える「八十階段」か綱島街道しかなかっただけに、第三のルートとして利便性が高まりそうです
  6. アピタ内に2/25(木)区内初出店の「西松屋」、ベビー・子ども用品に独自色(2月25日、2,242)
    → 2週連続でランキング登場となりました。アピタテラス横浜綱島の2階で昨年10月に閉店した「ユザワヤ」の跡地などを使い、ベビー・子ども・マタニティ用品の全国チェーンが進出しました。隣接地には、雑貨店チェーンの進出も予定されています
  7. JR武蔵小杉駅から湯河原・熱海・伊東へ”えきねっと割引”を新たに設定(3月1日、1,703)
    → JR武蔵小杉駅を経由する特急「踊り子」号を対象に、4月1日以降は「えきねっとトクだ値」が新規設定され、インターネットの事前予約により、湯河原駅・熱海駅・伊東駅へ割引切符を購入することができるようになります
  8. <アピタ日吉店>閉店の要因はドンキとの競争激化、流通専門誌「激流」が分析(2015年12月6日、1,693)
    → 横浜日吉新聞が創刊した年、2015年12月の記事です。本来は旧「アピタ日吉店」の閉店背景を伝えるための内容ですが、「ドン・キホーテ日吉店」の閉店が決まったことで5年ぶりに読まれました。旧アピタ日吉店を閉店に追いやったと言われたドンキ日吉店ですが、その後にユニーを吸収して同じグループとなり、さらにはアピタテラス横浜綱島の進出後に今度はドンキ日吉店が閉店する――。5年超の間に色んな動きがありました
  9. 国際園芸博&大型テーマパーク構想の「瀬谷」、3年内には日吉・綱島の沿線(2020年7月27日、1,514)
    → 8週連続でランキング登場となりました。「新横浜線(相鉄・東急直通線)」の開業後は、日吉や綱島の“沿線”になるということで、瀬谷区にある旧米軍基地跡の動向を昨年夏にまとめた記事です。横浜市は市会の場で、相鉄と三菱地所が再開発の協力会社として携わっていることを明らかにしています。また、園芸博の終了後には途切れることなくテーマパーク化につなげたい意向があるとのことです
  10. 日吉駅発着の「高速バス」、3/8(月)から御殿場・河口湖方面へ運行再開(3月1日、1,509)
    → 首都圏での「緊急事態宣言」解除を前提として、高速バスの運行再開が決まっていましたが、3月21日(日)まで再度延長となってしまい、どのようになるのかはまだ分かりません

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧