<まもなく夏休み>「GoToトラベル」対象ホテルを事前割引で販売開始 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

横浜や川崎の公立小・中学校などでは来週8月1日(土)から始まり、16日(日)までの期間となっている2020年の“短い夏休み”。新型コロナウイルスの影響もあって、遠方への旅行や帰省には踏み出しづらい環境ですが、政府による「Go To トラベルキャンペーン」では、あらかじめ補助額を引いた料金でホテルや旅行プランを予約できるサイトが開設され始めており、神奈川県内への“小さな旅”に使えそうです。

「Go To トラベルキャンペーン」は“近所への旅”でホテルに泊まる際にも使える

政府が今月7月22日(水)から始めたGo To トラベルキャンペーンは、国内の経済対策として旅行代金や宿泊料金の一部を補助することで、観光関連事業の立て直しを図ろうという内容。

ただ、新型コロナウイルスへの感染が再拡大していることから、開始直前に東京都民と都内への旅行が対象外となったり、補助を受ける方法も分かりづらかったりと4連休の時点では使いづらい状況でした。

そんななか、今週に入り、あらかじめ補助額を引いた料金でホテルや旅行商品を予約できる特設サイトが相次ぎ開設されています。

今週(7月27日)に入り、JTB(画像左)やYahoo!トラベル(同右)など「Go To トラベルキャンペーン」が適用された宿泊予約ができる特設サイトが設けられた

たとえば、きのう7月28日(火)時点では、旅行会社大手「JTB」予約サイト「Yahoo!(ヤフー)トラベル」で、東京都を除いた各地のホテルや旅館を対象とし、補助額相当の最大35%を割引するクーポン(クーポンコード)を発行。

同クーポンを使い、8月1日(土)に神奈川県内で宿泊可能なホテル・旅館を検索すると、JTBもYahoo!トラベルも数百件が対象となっており、近所では新横浜の6ホテルや、武蔵小杉の2ホテルをはじめ、観光地である横浜市中心部や湘南、箱根などの宿泊施設で予約が可能となっていました。

「Go To トラベル」自体の公式サイトも7月27日にようやく開設された

リゾート系の宿泊施設では、8月8日(土)から15日(土)までのお盆を挟む期間満室となっているケースも見られます。

あらかじめ補助額を割り引いた形で、宿泊予約が可能となるサイトは今後増えていくとみられ、同様に交通機関と宿泊がパックになった旅行ツアー商品を割り引いて販売するサイトも徐々に登場しています。

今年は2週間ほどに短くなった夏休み中の行楽に活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

2020年お盆期間の「新幹線」予約は低調、7/21時点で前年の2割ほど(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年7月27日)

「連接バス」で直結、横浜駅~みなとみらいの主要スポットに新路線(2020年7月21日)

新横浜の「ホテル」通常化へ一歩、新建設の2館もオープン日が決まる(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年7月21日)

【参考リンク】

JTB「Go To トラベルキャンペーン」(7月28日時点でインターネット予約は宿泊商品のみ取扱)

Yahoo!トラベル「Go To トラベルキャンペーン」(宿泊・旅行商品)

「Go Toトラベル」事業公式サイト(Go To トラベル事務局による制度説明など、7月27日開設)


カテゴリ別記事一覧