<横浜市>7/24(金・祝)は区別の感染者数を公表せず、「連休中のため」

横浜日吉新聞

横浜市内18区別の新型コロナウイルス感染者数について、先週(2020年)7月24日(金・祝)に公表を見送ったのは、4連休中で人員が少なかったためとのことです。連休明けとなる27日(月)に市健康福祉局に尋ねました。【2020年7月27日10:27記事公開】

桜木町駅近くにある横浜市役所

横浜市での新型コロナウイルス感染者数の公表については、「市内での発生数が少ない場合は、個人が特定されてしまうおそれがあり、風評被害につながりかねない」(同局)として、感染者が在住する区は公表していません

一方、「危機意識を高めるため」(同)として今年4月10日以降は週に1度、金曜日に区別の感染者数のみを公表してきました。

先週7月24日(金・祝)は、公表資料に「区別発生状況につきましては、7月31日(金)に公表します」とのみ記し、初めて区別の数値が公表されませんでした。「連休中で人員が少なかった」(同)ことが理由だといいます。

また週に1度の区別感染者数の公表についても、「(人員は)ぎりぎりの状態」(同)というなかで、集計や発表を行っていると話していました。

今後も金曜日が連休中に重なる場合などは、区別感染者数を公表できない可能性があるとのことです。

【関連記事】

新型コロナ感染数、4/10(金)時点で港北区は11人、行政区別に3日遅れで公開(2020年4月13日、初めて公表したのは4月10日、土日が重なったためか公式サイトには3日遅れで掲載した)

<感染者数>一週間で鶴見9人、港北・青葉など6人、市中心部も急増(7/17時点)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年7月17日、最新の数値は10日前ということに)

中原区の感染者数が累計100人を突破、20~30歳代を中心に急増(7/26時点)(2020年7月27日、川崎市は行政区別に毎日公表している)

【参考リンク】

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)

【3人発生・878~880例目】新型コロナウイルス感染症による新たな市内の患者確認について(横浜市健康福祉局、2020年7月24日、金曜日だったがPDFファイルには区別感染者数が掲載されず)


カテゴリ別記事一覧