[PR]高田のものづくり企業と地元信金が"熱き"タッグ、新時代に向け「夢を共有」 | 横浜日吉新聞

横浜日吉新聞

法人サポーター会員によるPR記事です】来年(2021年)創業60年を迎える高田のものづくり企業が取り組む新しい商品開発を、“地域の金融機関”である城南信用金庫(本店:品川区)が、力強くバックアップしています。

来年で創業60周年を迎える横浜高田のものづくり企業・株式会社キョーワハーツ(高田西1)の坂本悟(さとる)社長(左)、坂本留実取締役

来年で創業60周年を迎える横浜高田のものづくり企業・株式会社キョーワハーツ(高田西1)の坂本悟(さとる)社長(左)、坂本留実取締役

地下鉄グリーンライン高田駅から徒歩約5分、荏田綱島線(日吉元石川線)やホームセンター「島忠ホームズ港北高田店」(高田西1)にも近い場所にある株式会社キョーワハーツ(同)は、1951(昭和26)年5月の創業以来、金属プレス加工を主たる事業とした「ものづくり企業」として半世紀以上の歴史を重ね、独自の発展を遂げてきました。

「短納期・高品質・低コスト」を実現させるために、精密金型の設計や製作、微細かつ複雑なプレス加工までを一貫して自社工場内で行い、手づくり段階の「試作品」から、最終的な「大量量産」に至るまで、短い納期で、コストをかけずに商品開発を行うことを最大の目標に掲げています。

株式会社キョーワハーツの公式サイト(写真・リンク)。「技術を科学する」をキャッチフレーズに、想像力、提案力、技術力、そして解決力を掛け合わせ、IoT(アイ・オー・ティー)の活用による新しいものづくりの形を追求しているという

株式会社キョーワハーツの公式サイト(写真・リンク)。「技術を科学する」をキャッチフレーズに、想像力、提案力、技術力、そして解決力を掛け合わせ、IoT(アイ・オー・ティー)の活用による新しいものづくりの形を追求しているという

金属材料を入れると商品になって出てくるという順送プレス加工による「米粒大」の金属部品成形が得意分野となっており、商品は自動車、通信、医療など幅広いジャンルに提供されているとのこと。

こういった独自の技術を生かし、2015(平成27)年 には、自社商品第1号となる「抜き差し自在ファイル・ヌーケ(NOUQUE)」を開発、テレビ東京やNHKといった大手テレビ局に、ビジネス番組や全国ニュース内で取り上げられるなど世間の大きな話題を集め、インターネット通販などでも商品の販売にチャレンジしています。

2016(平成28)年 には、横浜市から「知財みらい企業」、また「新事業分野開拓事業者」としても認定、2018(同30)年には、神奈川県から「優良小規模企業者表彰」も受賞するなど、地域に根差したものづくり企業としての地位を確立してきました。

2代目社長の坂本悟さん、「心をこめて」と社名変更し高田へ移転

創業者で先代の故・坂本透氏により、東京都目黒区「合資会社共和電機興業所」との名で設立された同社。

先代からの事業を継いだ坂本社長は、「心(hearts)をこめて」という理念を含んだ「キョーワハーツ」へ社名を変更。「日本品質のものづくりを世界に発信する」ことを経営ビジョンに据(す)えている

先代からの事業を継いだ坂本社長は、「心(hearts)をこめて」という理念を含んだ「キョーワハーツ」へ社名を変更。「日本品質のものづくりを世界に発信する」ことを経営ビジョンに据(す)えている

2代目となる坂本悟(さとる)社長は、学生時代を経て大阪に移住後、父親の体調不良にともない東京に戻り、家業を継ぐことに。

「これまでで最もつらかったことといえば、事業を継いだ時でしょうか」と語る坂本社長。

1992(平成4)年に、前社名に含まれていた「共和」という名前に、「心(hearts)をこめて」という理念を含んだ「キョーワハーツ」へ社名を変更。1996(同8)年には、本社と工場を目黒区から横浜市港北区高田の現在地へ移転することを決断します。

「当時、取引があった銀行から、この場所を紹介されたのです」と、坂本社長は、“金融機関”による縁結びで、この地・高田地区と出会った縁を懐かしそうに振り返ります。

転機は「リーマンショック」、新たな“チャレンジ”体制に

キョーワハーツ公式サイトの「事業内容」のページ(写真・リンク)には、特急試作、絞り加工、板バネ加工、微細・複雑・精密プレス加工、プレス製品の困り事相談や、金型トラブルの救急対応といった一つひとつの業務内容やサービスについての説明が細やかに成されている

キョーワハーツ公式サイトの「事業内容」のページ(写真・リンク)には、特急試作、絞り加工、板バネ加工、微細・複雑・精密プレス加工、プレス製品の困り事相談や、金型トラブルの救急対応といった一つひとつの業務内容やサービスについての説明が細やかに成されている

工場スペースの拡張に加え、バブル崩壊以降も携帯電話などの精密機械部品の需要が高まる追い風もあり、順調に業績を伸ばしてきた同社ですが、2008(平成20)年のリーマン・ショックに端を発した世界・日本の景気が大幅な後退局面に。

また、それまで大きな売り上げとなっていた携帯電話が、スマートフォン(スマホ)の登場によりシェアが急降下したことも追い打ちとなり、会社の売り上げも、それまでの約4億円から、約6割減の1億5千万円までに落ち込んでしまったとのこと。

坂本社長は、「携帯電話のパーツといった“モノ”が、とにかく売れなくなってしまったのです」と、自身、会社を継承したときに感じた、それ以上の大きな試練を、ここでも感じる事態に陥(おちい)ってしまったと語ります。

どうすれば部品や商品を「売れる」のか。悩み、悩んだ末、行きついたのが、「モノづくりについて徹底的に勉強しなおす」というチャレンジ。

「メイドイン横浜高田」の特許ファイル「ヌーケ」(写真・リンクはキョーワハーツのサイト)は、 綴じた書類をどこからでも自由に抜き差しできる“世界初”のファイル商品として全国メディアでも注目を集めた

「メイドイン横浜高田」の特許ファイル「ヌーケ」(写真・リンクはキョーワハーツのサイト)は、 綴じた書類をどこからでも自由に抜き差しできる“世界初”のファイル商品として全国メディアでも注目を集めた

社内外で、会社経営やものづくりについて学び直す場を設けたほか、2011(同23)年には、自社商品開発に着手するために「研究開発室」を初設置。同年に発明者から持ち込まれたという「抜き差し自在ファイル」の商品化にも着手したというエピソードについても言及します。

この「一冊」のファイルの開発には丸3年、8回もの試作を経たといい、ようやく完成に至ったという「ヌーケ(NOUQUE)」を新発売。

「抜ける」「ヌーヴォー(仏語で“新しい”の意:nouveau)」、そして「ユニーク(英語:unique)」の3語を掛け合わせた造語だというこの“自社第1号”となる商品が、全国メディアの相次ぐ報道により一世を風靡(ふうび)したほか、以降の各方面からの表彰などにもつながっているといい、「会社自体も、新しい挑戦を重ねる社風へと変貌(へんぼう)を遂げることができたのです」と坂本社長。

一人ひとりの社員・スタッフが一丸となり、新商品を生み出す気風へと同社が生まれ変わったことで、創業以来の“最大のピンチ”を乗り越え、社内に活気ある雰囲気がみなぎるようになったと坂本社長は説明します。

城南信金が“熱き”タッグで開発支援、ファイルも購入で「夢を共有」

坂本留実取締役は早稲田大学理工学術院修士課程修了。電子工学を学び、富士通株式会社でSEとして勤務した経験を持つ。IoTを駆使しての工場経営にも積極的に取り組んでいる

坂本留実取締役は早稲田大学理工学術院修士課程修了。電子工学を学び、富士通株式会社でSEとして勤務した経験を持つ。IoTを駆使しての工場経営にも積極的に取り組んでいる

現在では、約30社、約150種類もの商品を扱っている同社。全国各地で開催される製品発表会や展示会などにも参加。開発にかかる設備投資なども積極的に行っているといいます。

この壮大なビジネス展開をアシストしているのが、現在、同社の主要取引先の一つとなった城南信用金庫の日吉下田支店(下田町4)。

「景気後退で保守的になりがちな金融機関も多い中、2015(平成27)年当時の担当者が、当社の“隠れたポテンシャル”を見抜き、引き出してくれました新しいスキームで借り入れについても全力で支援してくれるなど、当社が新しいことにチャレンジできる基盤を一緒に作ってくれたのです」と、坂本社長は、現在までも続く同社からの経営支援・バックアップに心からの感謝の意を表します。

同支店で現在副支店長を務める吉原拓也さんは、「書類の抜き差しが自在な『ヌーケ(NOUQUE)』は、当金庫内でも、金融事務の効率化につながるはず」と、同社が生み出した新商品を導入し各部署にも紹介、今では追加注文が入るほどになるなど、取引先の新商品を活用することでの “夢の共有”を実践しています。

城南信用金庫日吉下田支店も、来年(2021年)11月に40周年の節目を迎える。キョーワハーツをはじめとした地域の中小企業の支援に、未来を見据え、これからも日々取り組んでいく

城南信用金庫日吉下田支店も、来年(2021年)11月に40周年の節目を迎える。キョーワハーツをはじめとした地域の中小企業の支援に、未来を見据え、これからも日々取り組んでいく

新型コロナウイルス感染拡大、そして「コロナ後」の時代を見据え、「ポスト・コロナ時代に求められる商品開発にも力を入れたい」と語る坂本社長。

最軽量の金属といわれる「マグネシウム合金」を使用した、コロナ対策グッズの開発や、近年力を入れてきたというIoT技術(Internet of Thing=モノのインターネットの意)をフル活用した商品開発、ものづくりの効率化といった、新しい分野への同社の挑戦を、これからも同金庫は支援し、さらなる“夢の具現化”に向けての後押しを行っていく考えです。

※ 記事の掲載内容については「株式会社キョーワハーツ」、または「城南信用金庫日吉下田支店」に直接お問い合わせください。

【関連記事】

※開催中止※高田周辺の2社も初公開、2020年「港北オープンファクトリー」見学者を募集中(2020年1月8日) ※第8回。キョーワハーツも2014年の第2回開催以来の参加予定だった

綱島・日吉下田の支店に相談増、新型コロナ対策資金で中小企業支援も(2020年3月12日)

「まちのために」奔走する信金マンの地域愛、綱島開設50周年で支店長が熱く語る(2019年10月4日)

下田町の城南信金がまもなく35周年、8月末まで「ありがとうキャンペーン」(2016年6月9日)

創業半世紀超の日吉企業、マスクと「地元製」フェイスシールドを区に寄贈(2020年6月11日)※港北区内の老舗・ものづくり企業についての記事

【参考リンク】

城南信用金庫公式サイト

店舗のご案内~日吉下田支店(同)※最下部「営業店の取組みはこちら」のリンク先に支店の活動詳細を掲載

法人サポーター会員:城南信用金庫~綱島支店・小机支店・日吉下田支店・新横浜支店 提供)


カテゴリ別記事一覧