※5月末まで再延長※港北区民向けの「公共施設」、GW中5月6日(水・祝)まで休館を延長

横浜日吉新聞

三度目の休館延長により、市民向けの「公共施設」ゴールデンウイーク(GW)明けまでほぼ使えないことになりました。首都圏で新型コロナウイルスへの感染拡大が続くなか、横浜市は地区センターやコミュニティ・スクールなどの臨時休館をGWの5連休最終日となる来月(2020年)5月6日(水・祝)まで延長すると発表しました。()2020年4月30日11:44追記:臨時休業(休館)の期間は5月31日(日)まで再延長となりました。詳細はこちらをご覧ください

当初は3月15日までの臨時休館予定だったが、新型コロナウイルスへの感染拡大が続くなかで期間延長が繰り返され、現時点では5月6日までの休館となっている(3月3日、綱島地区センター)

新学期から横浜市立の小・中学校、特別支援学校などを再び臨時休校することを4月3日に決めると同時に休館延長の方針も決めたもので、3月初めから休館している市民向け公共施設については、三たびの休館期間延長となりました。

日吉や綱島など港北区内に6カ所ある「地区センター」をはじめ、日吉台中学校や下田小学校など区内3カ所に開設されている「コミュニティ・スクール」や綱島公園内にある「こどもログハウス(モッキー)」といった施設に加え、日吉本町や下田、樽町、高田など区内9カ所の「地域ケアプラザ」でも相談業務を除いて貸館やイベントが休止となります。

区役所と併設する「港北公会堂」では春のイベントをほとんど開けないまま、5月から来年2021年3月末までの長期休館に入ることになりそうだ

港北図書館(菊名6)については3月2日から館内での閲覧を停止し、予約した図書・雑誌の受け取りと返却のみの利用に限定しての開館を5月7日(火)まで続ける予定。閲覧席を閉鎖した形の限定開館は、中原図書館(武蔵小杉駅すぐ)や幸図書館日吉分館(南加瀬1)などの川崎市立図書館でも行われています。

一方、大倉山と綱島東にある地域子育て支援拠点「どろっぷ・どろっぷサテライト」をはじめ、「こんぺいとう」(日吉本町4)や「たかたんのおうち」(高田西4)など区内に6カ所ある「親と子のつどいのひろば」といった子育て関連施設でも、子どもの遊ぶスペース「ひろば」の休止状態が続きます。

東京2020オリンピックも1年延期となり、事前イベントを計画していた日吉などの港北区内でも予定が狂うことに(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の公式サイト

横浜市が主催するイベントも同様に5月6日(水)まで自粛することが決まっており、5月9日(土)・10日(日)に開催予定の「港北オープンガーデン」(4月分は既に中止決定)については4月下旬までに開催可否を決める予定。

「東京2020オリンピック」での英国チーム事前キャンプを盛り上げるために日吉で企画されていた各種イベントについては、新型コロナウイルスの影響に加え、オリンピックが延期となったなかで実施は難しい状況です。

【関連記事】

横浜市の小中学校「短縮授業再開」は断念、4/20(月)まで臨時休校に(2020年4月3日、当初は新学期から再開する予定だった)

<港北区・周辺地域>イベントの中止・延期、施設の休業状況一覧(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年4月6日、イベントの中止・延期や施設の休館一覧)

横浜市内の「新型コロナ患者」発生数は累計50人を突破、退院は8人(4月2日時点)(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年4月4日、横浜市内でも感染者は増え続けている)

【参考リンク】

新型コロナウイルス感染の拡大を防止する観点から休館または一部休止とする区内の施設(港北区)

港北区親と子のつどいの広場一覧(横浜市)


カテゴリ別記事一覧